映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【ターミネーター:ニュー・フェイト】あらすじキャスト見どころ!伝説のSF映画の正当な続編がついに公開!

あの「ターミネータ」のシリーズ通算6作品目となる最新作が2019年11月8日に公開となります。

「ターミネーター2」の正当な続編と位置付けられており、シリーズに欠かせないアーノルド・シュワルツェネッガーと28年ぶりに同シリーズ出演となるリンダ・ハミルトンが出演します。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


映画【ターミネーター:ニュー・フェイト】作品概要

(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film

公開日(日本):2019年11月8日

原題:Terminator: Dark Fate

監督:デビッド・エリソン

原案:ジェームズ・キャメロン チャールズ・イグリー ジョシュ・フリードマン デビッド・ゴイヤー ジャスティン・ローズ

作品概要

誰もが一度は観たことがあるであろう、大人気ハリウッド映画ターミネータシリーズ。

その最高傑作といわれているのがターミネーター2であり、1991年の年間興行収入ランキングで1位に輝き、4つのアカデミー賞も受賞しています。

ファン待望の正式な続編が本作であり、生みの親のジェームズ・キャメロンが制作に携わることや、リンダ・ハミルトンが再登場することから大きな話題となっています。

人類の命運を握ると言われている女性を守るため、敵である最新型ターミネーターとの攻防戦を繰り広げます。

予告動画

映画【ターミネーター:ニュー・フェイト】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film

核爆弾が爆発し30億人が亡くなると言われていた人類最後日「審判の日」は回避されたかに思えた。

しかし、まだ人類の危難は去っていなかった。

人類存続の命運を握る女性、ダニーを守る謎の戦士グレースと、ダニーを狙う新型ターミネーター「REV-9」が激しい攻防戦を繰り広げる中、彼らの前にサラ・コナーとT-800が姿を現す。



スポンサーリンク


作品解説

(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film

ターミネータシリーズといえばジェームズ・キャメロンが生み出した、未来から送り込まれたアンドロイドと滅亡を回避する人類との戦いを描いたSFアクション映画です。

世界的に大ヒットした名作シリーズであり、シリーズ累計全世界興行収入は1,998億円以上を記録しています。

全ての始まりである「ターミネータ」は1984年に公開、その後2015年公開の「ターミネーター:新起動ジェニシス」まで過去5作品が展開されています。

ですが、実は生みの親であるジェームズ・キャメロンが監督を務めたのはターミネータ2まで。

その後は監督やキャストに変更があり、時系列が異なったりストーリー展開が当初と違ったりと往年のファンからは賛否両論色々な声が挙がっていたようです。

しかし、今回の新作はジェームズ・キャメロンが制作と原案に関わっており、更にターミネータ2以降出演を拒否していたと言われるリンダ・ハミルトンが「サラ・コナー」役で復帰するという事で、かなり期待度の高い作品です。

もちろんアーノルド・シュワルツェネッガーが務めるサイボーグ「T-800」も登場しますし、ターミネータ2で超絶美男子「ジョン・コナー」を演じたエドワード・ファーロングが再びジョン役で登場します。



スポンサーリンク


キャスト紹介

キャスト

アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800)

リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)

マッケンジー・デイビス(グレース)

ナタリア・レイエス(ダニー・ラモス)

解説

このシリーズに欠かせない存在、「T-800」役は、日本では「シュワちゃん」」の愛称で親しまれているお馴染みアーノルド・シュワルツェネッガーです。

知らない人はいないであろう程有名なハリウッドスターであり、過去にはカリフォルニア州の州知事を務めていました。

俳優のみならずボディビルダーとしても有名であり、様々な大会で何回も優勝しているようです。

本シリーズの「T-800」は正に彼の当たり役かつ代表作となっており、この映画で使われたあまりにも有名なセリフ「I’ll be back」は他の作品やインタビューでも使うことが多く、世界的に有名となっています。

サラ・コナーを演じるのはターミネーター2以来の実に28年ぶりに同シリーズ復帰となるリンダ・ハミルトンです。

彼女もこの作品のサラ・コナーが当たり役と言われていますが、ターミネータ3では出演依頼があったものの「この脚本にはドラマがない」と辞退し、その後の作品についても出演をしていませんでした。

今回のターミネーター:ニュー・フェイトへの待望の復帰を受けて、ファンの間ではネット上で「世界一ロケットランチャーが似合う女性」と歓迎されました。

復帰を遂げた彼女は今回もど派手な活躍を見せてくれるに違いありません。

今回ニューヒロインとして登場するグレイスはマッケンジー・デイビスが演じます。

カナダ出身の女優のようで、これまで「スマッシュド 〜ケイトのアルコールライフ~」、「あなたとのキスまでの距離」等の映画への出演をしており、2013年には「もしも君に恋したら。」でカナダ映画賞助演女優賞にノミネートされました。

そんな彼女が演じるグレイスはターミネーターではなく、「強化人間」とのことで、人類滅亡の鍵を握るダニーを守っています。

役作りはサラ・コナー直伝の指導とのことで、新旧2人のヒロインが凶悪な的に立ち向かう様子が見受けられそうです。

今回の物語のキーとなりそうな女性、ダニーを演じるのはナタリア・レイエスです。

コロンビア出身で、9歳の時から演技をし始めたという長い経歴をもつ女優です。

コロンビアでTVや映画に出演した後、2011年に渡米しその後アメリカとコロンビアで女優活動を続けていました。

今回の重要な役に大抜擢された彼女の演技力に期待が高まるとともに、またダニーの存在が物語にどう関わってくるかもこの映画の見どころと言えるでしょう。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film

この映画には数多くの見どころがあり、あげるときりがないほどです。

ターミネーター2で回避したはずの「審判の日」がどうなったのか、T-800とサラ・コナーとの関係・また本作より登場する「強化人間」と「物語の鍵を握る女性」が物語にどう影響するのか、エドワード・ファーロング演じるジョン・コナーはいつどういう形で登場するのか、新しいターミネーター「REV-9」の能力、等々です。

なんといってもターミネーター2の伝説キャストが再集結するとのことで、ファンの方にとっては本当に待ち焦がれた作品であると思います。

過去作品を観た方はもちろん、もし今までターミネーターシリーズを観たことがない方や普段映画を観ない方にも本当に観ていただきたい作品です。

ターミネーターシリーズはSF映画を語るうえで欠かせない作品となっており、この作品を観ることで知ることができる世界があり、また映画を好きになるきっかけとなる作品になるかもしれません。

過去作は5作とちょっとボリュームがありますので、もし時系列のみ追って観たいのであればターミネーター1、ターミネーター2と観てから見ることをお勧めします。

まとめ

以上がターミネーター:ニュー・フェイトのあらすじと見どころとなります。

28年ぶりに伝説のキャスト・スタッフが集結したこの作品を見逃さないようにしてください。

なんと公開を記念してアーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、そしてティム・ミラー監督の来日も決定しています!

公開を記念して11月5日までTwitterでキャンペーンをやっているみたいなので、気になる方はチェックしてみてください。

この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク