映画ネタバレと感想

映画【ザ・ファブル】ネタバレあらすじ!ヤバい男(岡田准一)の肉体を見よ!感想評価も

(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

伝説の殺し屋“ファブル(岡田准一)”___彼は、どんな相手でも6秒以内で殺す、として恐れられていました。

裏社会であまりにも“伝説”として知られるようになり過ぎた彼に、育ての親でもあるボス(佐藤浩市)は危惧を抱くようになるのです。

そんな彼がファブルに伝えた指令___「一年間、誰も殺さず平穏に暮らすこと」。

もし誰かを殺したら、ボスが自ら殺しに来る…そうして街に出たファブルとそのアシスタントのヨウコ(木村文乃)は、兄妹としての偽の身分を得て、ぎこちなくその生活を始めるのですが…。

住み着いた街で出会った女性・ミサキ(山本美月)を取り巻くトラブルに巻き込まれ、彼女を救い出すために戦うことになってしまうのです。

ここでは、映画「ザ・ファブル」のあらすじを「ネタバレなし」、「ネタバレあり(結末まで)」のパートに分けてご紹介します。

後半では、感想評価について書いていますので、そちらもぜひご覧ください。

映画【メン・イン・ブラック インターナショナル】ネタバレあらすじ!「MIBのなかに裏切り者が」感想評価も 大人気SFシリーズ「メン・イン・ブラック」の待望の新作が「メン・イン・ブラック インターナショナル」です。 前作の「「メン...

映画【メン・イン・ブラック インターナショナル】ネタバレあらすじ!「MIBのなかに裏切り者が」感想評価も | 映画の虜

【ザ・ファブル】予備知識

「ザ・ファブル」の予告動画

 

公開日(日本):19年6月21日

監督:江口カン

キャスト
岡田准一(佐藤明 / ファブル):凄腕の殺し屋。一年間不殺の指令を受け休暇中。
木村文乃(ヨウコ):明のパートナー。現在は妹として同様に休暇中。
山本美月(ミサキ):明やヨウコの恩人となる女の子。幸薄い系の働き者。
福士蒼汰(フード):殺しもやる何でも屋。
柳楽優弥(小島):海老原の弟分。
向井理(砂川):真黒組幹部。若頭の地位を狙う野心家。
木村了(コード):殺しもやる何でも屋。フードのパートナー。
井之脇海(クロ):海老原の配下のチンピラ。
南出凌嘉(幼少期のファブル)
好井まさお(貝沼エツジ)
加藤虎ノ介(砂川の部下)
粟島瑞丸(松沢)
六角精児(バーのマスター)
モロ師岡(鉄板焼き屋の店長)
藤森慎吾(オリエンタルラジオ)(河合ユウキ):ヨウコに好意を持っているが度々酔い物される気の毒な男。
宮川大輔(ジャッカル富岡):ファブルが愛してやまないお笑い芸人。
佐藤二朗(田高田):明が働くことになるデザイン会社の社長。面倒見がいい。
光石研(浜田):真黒組4代目組長。
安田顕(海老原):真黒組若頭。
佐藤浩市(ボス):明とヨウコを殺し屋とパートナーに育てあげた男。

作品概要
原作コミックは2017年度講談社漫画賞を受賞した南勝久さんの作品です。

まさに世界標準ともいうべきアクションと、思わず“クスッ”と笑ってしまうコメディセンス。

有能過ぎる伝説の殺し屋、その素晴らしい身体能力をそのまま再現してしまう主演の岡田准一さんの、まるでプロモーションビデオのような映画です。

原作をちょっとでも読んでいればその再現度の緻密さに驚き、未読であっても十分に楽しめる、そんなクオリティ。

今一つあか抜けないダサ男風情のファブルに、濃やかでギリギリ下品にならないチャーミングなケバさが素敵なヨウコ、謎めいた過去を持つミサキたちのキャラは3次元になってその魅力を倍増させています。

スピード感とほんわかする笑いのバランスが素晴らしい!

2時間、まさにノンストップ・ムービーです。

【ザ・ファブル】あらすじ(ネタバレなし)

伝説の男

東京のとある料亭で、ある組織が外国の組織との手打ちとして宴を催していた夜。

その場にいた人間が次々と射殺されていくという事件が起こりました。
まるで風のように通り過ぎる黒いマスクの男___彼の視界にいる標的はまさに瞬殺の勢いで、反撃の間を与えられることなくこと切れていくのです。

しかし、彼はその時、標的の一人が取り落としたスマホのカメラで撮影されていることには気づきませんでした。

彼の名はファブル(岡田准一)。
寓話(fable)を意味するその名前はあまりにも鮮やかなその殺人の技術を指しており、伝説の殺し屋として恐れられ、一部のものからは羨望と憧れを集める存在でした。

(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

そのあまりにハイペースな仕事ぶりから、彼とそのパートナー・ヨウコ(木村文乃)を育てたボス(佐藤浩市)から、今回ある指令が下されたのです。

曰く、一年間「普通の人間」として暮らすこと___働いたりペットを飼ったり、初めての土地で様々なことを経験すればもっと“プロ”になれる…。

そう言われたファブルは”吉田明”としての身分を与えられ、ヨウコと二人、兄妹を装って大阪に移り住むのでした。

大阪の街へ

ボスが話を付けたのは大阪にある真黒組。
昔からの馴染みのクライアントでした。

現在では真黒カンパニーという表の看板を出しているものの、バリバリのヤクザです。

浜田会長(光石研)と社長兼若頭の海老原(安田顕)のみがファブルの正体を知っており、その秘密を共有している様子を野心家の若手幹部・砂川(向井理)らは苦々しい思いで見ていたのです。

(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

そんな時、海老原が弟分として目をかけていた小島(柳楽優弥)が出所してきました。

様々な騒動の予感がするさなかに、ファブルはとある女性と出会ったのです。

ヨウコと二人で飲んだ帰りに、海老原がファブルたちの様子を見るために放ったチンピラたちが襲い掛かりました。

海老原は、ボスとの間で交わされた“面倒を起こさず、一年間穏やかに暮らす”と言う約束が守られるかを確かめたかったのかもしれません。

路上でからまれ、殴られたファブルは冷静にその拳や蹴りを見切り、自らには最小の、そして相手には最大のダメージを見越してその危機を乗り切りましたが。

鼻血と涙塗れになって路上に転がる(一般人らしいふりをした)ファブルにハンカチを差し出してくれた女性___それがミサキ(山本美月)だったのです。

”普通”の暮らしを堪能する

海老原にあてがわれたのは古い二階建ての家でした。

その一階はガレージで、海老原の宝物のビンテージのスカイラインGT-Rが保管されている、まるで隠れ家のような住まいです。

ファブルはボスに与えられたインコを飼ったり、拙い文字で書かれた履歴書を持って近所で仕事を探し始めたり。

そんな中ですれ違ったのは、鼻血塗れの彼を気遣ってくれたミサキでした。

実は、彼女は海老原の傘下の芸能事務所がかつてグラドルとして売り出していた女性であり、厄介ごとには引っ張り込むな、とファブルに牽制したこともあった存在だったのです。

彼女は父親の借金と病弱な母親の治療費をかかえてバイトを掛け持ちする頑張り屋さんです。

(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

しかし、ミサキはその持ち前の気立ての良さで、分け隔てなくファブルを自分の勤務先に紹介してくれました。

小さなデザイン事務所で社長(佐藤二郎)から言い渡された時給は800円。
しかしそこで思わぬイラストの才能を見出されたファブルは“普通の人”としての暮らしの足掛かりをつかんでいくのでした。

(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

その頃、小島(柳楽優弥)はその凶暴な素顔をむき出しにして暴れ始めました。

海老原の舎弟だった彼は浮気をした女を殺して8年服役していたのです。

かつて金を貸していた男を殺し、金になる鎬を…と模索していたところに飛び込んできたのはミサキの写真。
小島は彼女がグラドル時代に撮影した写真集やDVDを見て、金蔓にしようと企み始めたのでした。

以下、結末までのネタバレになります。ご注意ください。


スポンサーリンク

【ザ・ファブル】あらすじ(ネタバレ)

ゆとり系ヒットマン?

(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

その頃、ファブルが東京で最後にした仕事で彼の正体を探り始めた男たちがいました。
渋谷系のストリートファッションを好む“フード(福士蒼汰)”と相棒の“コード(木村了)”です。

踏み込んだファブルの仕事の現場で偶然手に入れたスマホ…そこにたまたま残されたファブルの姿の動画を見て「彼を殺し、それに成り代わる伝説になりたい!」とまるでゲームのレアキャラを狩るような風情で大阪にやってきていました。

裏社会のつながりで彼らが頼ったのは砂川たち。

(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

その頃、真黒組では海老原が心臓を患って倒れたことでパワーバランスが微妙に傾き始めていました。

彼が抑えていたはずの小島は暴走を始め、砂川の配下を殺したり、とやりたい放題を始めたのです。

小島はとうとうミサキを脅迫し始め、それに屈したミサキ。
しかしその時、砂川の配下とフードらが小島とミサキを拉致し、事態は急展開をむかえるのです。

殺さない“仕事”

海老原に頼まれてミサキと、行きがかり上、小島も救出することになったファブル。
その引き換えに宝物だった車を差し出すと言われては、断れませんでした。

真黒組のなかでも海老原の配下であったクロ(井之脇海)によってその拠点が判明し、ファブルはヨウコと二人で救出に向かったのです。

助けられたらお礼をする___それ以前のファブルの中にはなかった「普通の人」としての当たり前の「やりとり」が彼を突き動かしていました。

銃器は全て東京に残してきた彼とヨウコは、海老原のガレージにあった鉄パイプや工具を使って銃弾までも自作してその戦いに臨んだのです。

彼らは、誰か一人でも殺したら、ボスに殺される___その約束を胸に砂川が仕切っているごみ処理施設に密かに潜入していったのでした。

ラスボス、登場

入院中の海老原の元に、忍び寄る黒い影。

ファブルたちを大阪に送り込んだボスでした。

彼は「一年間穏やかに暮らす」ために大阪に送り込んだ彼らがこんな事態に陥っていることを憂いていたのでした。

海老原が、なぜそんなことを企てたのか?と問うと、ボスはあることを語り始めました。

かつて、言語障害を抱えた少女が素晴らしい絵を描いていた。
恐らくはサヴァン症候群だったのだろう彼女に、周囲の大人たちは丁寧に言葉を教え始め、少女もそれにこたえて言葉を覚えていったのだが、同時にその絵の才能は次第に枯れていったのだと。

ファブルも一年間「普通の人としての暮らし」をする環境に身を置くことで、その天才的な殺人の才能が薄れてくれることを望んでいるのだ、とボスは言いました。

「もし、そうならなかったら…?」
そんな海老原の問いに、彼は「その時には自分が彼を殺す」と躊躇なく口にしたのです。
かつてボスもまた、天才的な殺し屋として名をはせていた張本人でした。

決戦

人気のないゴミ処理場に突入していったファブルはヨウコらのバックアップがありながらもまさに孤軍奮闘していました。

スパイダーマンのように生身で壁を上り、闇に潜んで敵陣に潜り込んでいく彼を砂川の部下とフードらは追い詰めていきましたが。

ファブルはミサキを窮地から救い出して匿い、その身の安全を図ったところで再度敵陣に飛び込んでいくのです。

彼は相手の戦闘力をそぎ落として無力化を図ることにのみ専念していましたが、砂川の配下やフードたちは容赦なく撃ちまくります。

小島をピンチから救出し、追いすがるフードらをもぎりぎりで急所を外して制圧していったファブルでしたが、自力で逃げ出そうとしたミサキは逆にとらわれそうになり、追い詰められていきました。

もうダメか、と思われた瞬間、彼女はファブルによってギリギリ命をつなぎ、現実世界へと引き戻されていったのです。

普通の暮らしへ…

ミサキが気づくと、そこは住み慣れた街の中でした。

隣の運転席に座っていた男が黒いマスクを外すと、そこにいたのはクロ。
彼はファブルの身代わりとなって彼女を送り届けたのです。

ファブルの家のドアを開けると、そこでは“佐藤明”と“ヨウコ”の兄妹が朝から酒盛りをしていました。

あまりに賑やかで和やかなその風景に拍子抜けするミサキ。

まるで、つい先刻まで自分がおかれていた場所の記憶と恐怖がウソのように霧散したのです。

“佐藤”に差し出されたビールを飲み、彼女は安堵していました。

その頃、方々に血まみれの死体が転がっていた事件の現場で、急所を外されて生き延びていたフードらは突然現れた黒い影に撃ち抜かれ、絶命していました。

ボスが自ら「誰も殺すな」との命令を忠実に守ったファブルの後始末をしに来たのです。

フードが持っていたスマホも回収され、ファブルの姿はまた誰の目にも触れない“寓話”に戻ったのでした。

そしてファブルが殺さずにハコスカのトランクに隠して連れ戻った小島も、言いつけを守らなかったことを理由に海老原に粛清されていました。

彼は、弟分として小島を大切に思っていましたが、その暴走は彼の許せる範囲を超えていたのです。

再び訪れた平穏な日々。
イラストの腕を社長に見込まれて時給が少しずつ上がったファブルはミサキに「給料が出たらおごる」と約束しました。
そんな普通の暮らしを一つひとつ味わう彼。

バルコニーで七輪を使ってサンマを焼き、味わう。
小さな幸せをかみしめる彼の心はその煙が登っていく空のように穏やかでした。



スポンサーリンク

【ザ・ファブル】感想と評価

キャスト、めちゃめちゃ豪華です。

岡田准一さん、全裸も辞さず、いろんなシチュエーションでばんばん脱いでいますが。

いつもの無駄のない肉体ではなく、うっすらと脂肪が載っているようなまろやかなラインと太い首、しまりのない顎のあたりの表情が見事な化け具合でした。

かなり増量したのではないかと推察します。

表情を消した目で標的を潰していくその不気味なほどの冷徹さと、描くイラストのハッピーなテイスト、そして子供でも食べられそうな温度も受け付けない超猫舌な反応のギャップがイイ!

木村文乃さんは、男を酔い潰して遊んでいるドランク・クイーンとして、蓮っ葉になりそうなところをぐっと踏みとどまる品の良さがチャーミング。
テキーラをバンバンのませて潰されていくオリラジの藤森さんが容赦なく鼻の穴にナッツを突っ込まれているシーンはむしろ素敵だ!と思うほどの無双ぶり。


さらに、美女・山本美月の顔をめっちゃいじり倒して変顔させるとは何事か!
恐らく二度とはみられない凄い顔が原作通りびろーん!と大写しになります…。

そんな大酔っ払いなヨウコさんですが。
辛い思いをしているミサキを思いやってうっすら微笑む横顔がとても美しくてうっとりしました。

そうか…これもギャップ萌えと言うべき現象なのかもしれないな、と今思いいたりました。

山本美月さんは苦労人で幸の薄さのオーラを笑顔でカバーしている雰囲気ですが、彼女のグラドル時代の写真集、中身がどんなだったか激しく気になります。

柳楽優弥さん…同時期に上映している「泣くな赤鬼」とのギャップが凄すぎて絶句!

懸命に生きようとする幼子の父の姿とは真逆の、まさにキングof外道!
壊れてるやつはこういう顔するのか…というオーラがバンバン出ていて、絶対に近づきたくない、野生の獣のようです…。

向井理さんはあんまりこういう傾向の役を見たことがなかったのですが。
長身・小顔・イケメンで野心家なのに、どこかちょっと詰めが甘くて残念なところがまたカワイイ…。

左目にかかる傷があって、そのせいなのか、白く濁ったカラコン入れていて、もしかしたら見えてないのかもな、というドラマを感じる演出でした。

耳たぶに残ったピアスの痕も、若いころヤンチャしてた名残なんだろうか…とか、そういう細かい作り込みは見つけると”ひゃっはー☆”と萌えてしまいますね。

相変わらずリーチの長い腕や脚、ほれぼれするプロポーションに美声___彼にしては珍しく趣味の悪い柄シャツに赤いソックス、そしてコテコテの関西弁…そういうギャップがグッときました。

正統派イケメンで大河「おんな城主直虎」でも高評価の井之脇海くん。

派手なニットに金鎖という永遠のチンピラの定番のような服装が似合わない品の良い顔立ちですが。
随所で地味にいい味を出して危うい世界の中を泳いでいましたね。
海老原の元にいたらなんとかこの世界でも堅実に生き延びられそうな予感がありました。

さて、その若頭・海老原を演じるのが安田顕さん。

勿論ヤクザ屋さんですから、着ているものもそれっぽく、さらに風呂場で心筋梗塞興して倒れた時に背中に見事な彫り物があって、平成通り越して昭和のにおいがぷんぷんするような任侠さんと言った風情です。

一本筋が通った自分なりの倫理があり、それを逸脱した弟分への断罪は胸を抉るような哀しみが伝わってきました。

基本、ロマンチストだろう彼の宝物は所謂ハコスカ…スカイラインGT-R。
ナンバーも、その車が初めて東京モーターショーでお披露目された年の“1968”だったりします。

作中で彫り物があったのはおそらく彼のみだと思われますが。
担当するアーティストさんを“肌絵師”っていうんですね?!
エンドロール見て初めて知りました。

ほんの一瞬だけ出ているモロ師岡さん(鉄板焼き屋の店長)とか、六角精児さん(バーのマスター)とか、最初だれだかわからなかった宮川大輔さん(コメディアンのジャッカル富岡)とか…本当に贅沢な人を贅沢に使っているので、そういう屋台骨の強さが、銃撃戦やコメディの弾けっぷりに負けない世界のベースを作っているんだろうな、と勝手に思っています。

さて、さまざまなトラブルやピンチがありながらも、ファブルは“プロ”として一般人の生活を満喫しています。

働いて給料を得て、その中で慎ましく暮らし、時にはサンマを焼いて食べることを楽しむ。

そんな彼の生活を守っているのが、実は佐藤浩市さん演じるボスなのですが。

「空母いぶき」の総理よりぐっと渋みを増して頼れそうな雰囲気で、まさにこの世界のラスボスといった風情です。

幼いファブルを鍛えていたシーンも。
今彼らの暮らしを脅かすトラブルを排除すべく暗躍しているところも、まさに“お父さん”と言う感じでした。

彼は殺し屋で。
そしてその彼に、ファブルは殺し屋として育てられたけど。
ファブルは彼のもとで育ったことが、その人生の中では大きな幸福だったんだと思わせてくれる、そんな存在感でした。

まとめ

この作品で特筆すべきはアクションのコーディネイターに岡田准一さん自らが乗り出していることです。

彼自身は2007年スタートのドラマ「SP」とその劇場版のシリーズで存分にアクションスターとしての存在感を世に知らしめました。

その撮影時から訓練を受け始めたカリとジークンドー、さらにUSA修斗といった本格的な格闘技にのめり込み、2013年公開の「図書館戦争」ではキャスト陣を率先して筋トレに巻き込むといった格闘技オタク&リーダーシップを発揮しています。

彼は周囲から”師匠”と呼ばれるようになり、その一門は岡田メソッドを習うことによってナイスバディとシャープなアクションを修得しているのだとか。

実は「図書館戦争」シリーズで共演した福士蒼汰さんはその現場で目の当たりにした岡田さんの技斗の素晴らしさに心酔し、同じ道を歩み始めたという愛弟子でもあります。

今回“フード”として登場し、同じスクリーンの中でバチバチやりあう二人が見られることは本当にムネアツでした!
というか、作中でファブルの存在を追い求めていくストーキングまがいの表情は凄いものがありました。

追いかけて追いかけて…「自分がファブルを潰して新しい伝説になる!」と決めてかかったその狂信的な表情は…たとえるならば猟犬が獲物を狙ってニヤニヤ笑っているような、人間には見えない表情を浮かべていました。

真面目一辺倒だった手塚(図書館戦争)や仮面ライダーフォーゼの頃からは想像もつかない化け具合で凄い進化だなぁ、と。

そしてこの作品でメインのファイトコレオグラファーを務めていたのがアラン・フィグラルツ氏。
リュック・ベッソン監督の「96時間」など。
主にヨーロッパで活動していた彼が満を持して日本映画のアクションを手掛けるというところに、岡田准一さん自らも“スタッフ”として参加しているというターニングポイントともなった本作。

メインは決して派手なアクションではありません。

ただ歩いて通り過ぎようとするときに、気づいたら相手が崩れるような、ほぼ実戦と言うべき流れが見事に再現されています。

雑魚キャラほど、派手に動いてばたばた殺られていくのが解りやすくて面白かったです。

さらに、この作品中では数々のガンアクションが見られますが、それらをコーディネートしているのが納富喜久男さん。

日本のガンエフェクトの第一人者である彼が魅せる、迫力あるシーンもまた必見です!

そんなハードな素地なのに、主題歌がレディ・ガガの“Born This Way”という軽快なメロディ。

穏やかな雰囲気のラストシーンで終わった…と思ったらいきなりこのポップな歌が流れてきて「ん?」と思いましたが___。
“born(生まれる)bˈɔɚn(米国英語), bˈɔːn(英国英語)”
“bone(骨)bˈəʊn(英国英語), boʊn(米国英語)”
でひっかけてるのかな?的なおまけが最後の最後にありました。

曲が終わっても、エンドロールで席を立ってはいけませんよ?
もったいないです!


一部の方にはおなじみの”ひらパー兄さん”としての岡田君のお仕事ですが。
毎回凄いクオリティです。
ふだんからこれだけ笑わせてくれる人ですから。
面白くないわけないじゃないか!

しょっぱなからラストまでハラハラドキドキ(笑)!
最後にはビールが飲みたくなるような笑える映画でした。

映画【アナと世界の終わり】ネタバレあらすじ「青春×ゾンビ×ミュージカル」感想評価も 2010年、英国映画芸術アカデミー受賞作品である短編映画「Zombie Musical」をベースに、同作の監督ライアン・マクフェ...

映画【アナと世界の終わり】ネタバレあらすじ「青春×ゾンビ×ミュージカル」感想評価も



スポンサーリンク