映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【男はつらいよ お帰り 寅さん】あらすじキャスト見どころ!あの「寅さん」が劇場に帰ってきます!

日本を代表する映画「男はつらいよ」の50周年記念映画が2019年12月27日に公開となります。

倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆らお馴染みのキャラクター他、最新技術で再編集された渥美清の出演シーンも観ることができます。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


映画【男はつらいよ お帰り 寅さん】作品概要

(C)2019 松竹株式会社

公開日(日本):2019年12月27日

上映時間:116分

原作:山田洋次

監督:山田洋次

脚本:山田洋次 朝原雄三

作品概要

日本人であれば誰もが皆一度は聞いたことのある国民的人情劇「男はつらいよ」シリーズ。

その伝説的映画の公開50周年を記念し作られたのが本作品です。

過去作品に登場した人物の今が山田洋次監督によって描かれます。

予告動画

映画【男はつらいよ お帰り 寅さん】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019 松竹株式会社

サラリーマンを辞め、小説家になるという夢を叶えた満男は現在中学三年生の娘、ユリと2人暮らしをしている。

彼の最新刊の評判は良く、出版社の担当からも是非次回作を、と言われるがあまり乗り気ではない。

満男は妻の七回忌の法事に参加するため、久々に葛飾の実家を訪れる。

柴又帝釈天の参道にかつて存在した草団子屋「くるまや」は新しくカフェへと生まれ変わっていた。

その裏手にある住居で法事のため集まった親戚、付き合いのある近所の人達は昔話に花を咲かせていた。

話の中心は賑やかで楽しかった叔父・寅次郎がいた日々のことであり、彼に会えず長い日々を過ごしている満男は心のどこかに穴が開いたような気がしていた。

そんなある日、書店で開かれた満男のサイン会に並ぶ人の列の中にかつて結婚の約束までしたかつての恋人イズミの姿があった。

再会を喜ぶ満男は「会いたい人がいる」とイズミを小さなジャズ喫茶に連れていく。

そこの店にはかつて寅次郎の恋人だったリリーがいた。



スポンサーリンク


映画【男はつらいよ お帰り 寅さん】作品解説

(C)2019 松竹株式会社

「男はつらいよ」シリーズは渥美清主演、山田洋次原作・監督の映画であり、1969年に映画第1作が公開され、その後1995年までに48作品が作成されています。

また、映画の前身としてテレビドラマシリーズが1968年に放送されヒットしていますが、最終回の結末が視聴者からあまり評判がよくなく、抗議が殺到したことから映画シリーズが作られるに至っています。

フーテンの寅さんが旅先で出会うマドンナに惚れ、失恋してしまうまでの様子を日本の美しい風景と共に綴った同シリーズは大ヒット、全48作で延べ7957万3000人の観客の動員を記録しています。

当初はシリーズ5作品目で完結するはずでしたが、あまりのヒットに続編の制作が決定、30作を超えた時に世界最長の映画シリーズ(作品数)としてギネスブック国際版に認定されたほどです。

山田洋次の構想では50作完結を予定していたようですが、第49作「寅次郎花へんろ」の準備中に大変残念ながら主演の渥美清が亡くなったことにより、48作品をもっていったんシリーズは終了となりました。

その後、ファンからの要望を受け、1997年に再編集された「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」が公開されており、本作品はそこから22年ぶりに製作された新作となります。

また、本作の主題歌はかつて自らのTVレギュラー番組に「音楽寅さん」というタイトルをつけるほど長年寅さんの大ファンであったという、サザンオールスターズの桑田佳祐が担当します。

あの有名な主題歌、「男はつらいよ」の桑田佳祐バージョンを見事に歌い上げ、また俳優として出演も果たしています。



スポンサーリンク


キャスト紹介

キャスト

渥美清(車寅次郎)

吉岡秀隆(諏訪満男)

倍賞千恵子(諏訪さくら)

後藤久美子(イズミ・ブルーナ(及川泉))

解説

お馴染みフーテンの寅さんを演じていたのは渥美清です。

1968年のテレビドラマシリーズ「男はつらいよ」のスタートから27年間48作に渡って車寅次郎を演じ続けました。

車寅次郎以外にもテレビや映画で活躍しましたが、後半になるにつれ「寅さんのイメージを壊したくない」と他作品のオファーは断っていったようです。

国民的映画シリーズとのことで多くの人に感動を運んだ寅さんでしたが、晩年は病気を抱ながら撮影に挑んだようで、立ってることすら辛いこともありながら最後まで役を演じ続けました。

また、プライベートはほとんど公表せず、私生活は徹底的に秘密とし、寅さん=渥美清というイメージを保ち続けました。

正に彼は真の意味での俳優と言えるでしょう。

諏訪満男を演じるのは吉岡秀隆です。

幼い頃から芸能界で活躍している彼は4歳で劇団に所属し、映画デビューは1977年の「八つ墓村」での出演です。

天才子役として名を馳せるきっかけとなったのは1981年のドラマ「北の国から」の純役でしょう。

また、同年に「男はつらいよ」のシリーズ27作目「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」から最終作まで、寅次郎の甥である諏訪満男を演じました。

特に晩年のシリーズでは体調を崩した渥美清に代わり満男を主人公にしたサブストーリーが作られています。

今回はそんな大人になった満男を中心に、各キャラクターの今が描かれます。

寅さんの妹、さくらを演じるのは倍賞千恵子です。

1961年、松竹にスカウトされ、映画「斑女」に出演したことで芸能界デビュー、その後1963年の山田洋次監督の映画「下町の太陽」に主演して以来同監督作品に欠かせない女優であり延べ60本以上の作品に出演しています。

「男はつらいよ」シリーズでは主人公の妹を演じたことで人気を博し、今では国民的女優となっています。

同シリーズの出演後は、宮崎駿監督「ハウルの動く城」で主人公ソフィーの声と主題歌を担当したり、コンサートを行うなど音楽に重点を置いた活動を行っているようです。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019 松竹株式会社

この映画の見どころは、映画第一作から50年たった今、かつての登場人物たちがどう成長し、どういう思いをもって演じているかということです。

また、4Kデジタルでよみがえらせた映像から渥美清の出演シーンを組み合わせるなどまさに現代の最新技術があるからこそ生み出せた作品であり、その技術も必見です。

「男はつらいよ」シリーズ大ファンであった方には待望の新作と言えますが、他方で50年前からの作品という事でタイトルは聞いたことあるが実際の映画を観たことないという方も多いと思いますが、そういう方にも是非見ていただきたい作品です。

何故この作品がこんなにも多くの人を惹きつけてきたのか、劇場に蘇る明るく優しく人に対しての義理人情に溢れる寅さんの姿は現代社会の私たちにも教えてくれるものが多いのではないでしょうか。

まとめ

以上が「男はつらいよ お帰り 寅さん」のあらすじと見どころになります。

50年たってもなお愛される作品の最新作はきっと、暖かさと笑いと涙を私たちに運んでくれるでしょう。

この作品を観たことの無い若い方にも是非見てもらいたいという意図から、なんと中学生以下100円で鑑賞できるキャンペーンが行われてるので、是非お子様を連れて劇場に行くことをお勧めします。

この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク