映画無料視聴

【動画】映画「となりのトトロ」を無料視聴する方法とは?

映画「となりのトトロ」の動画を無料視聴する方法についてご紹介していきます。

現在、映画「となりのトトロ」は各種の動画配信サービス(VOD)では一切配信されていません。

ではどうすれば無料視聴できるかと言いますと、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)というサービスでDVDを無料レンタルすれば可能です。

TSUTAYA DISCASでは、現在30日間の無料お試し体験を実施しているので、映画「となりのトトロ」のDVDを無料でレンタルすることができるんです。(翌日配送・送料無料・返却期限なし

いますぐTSUTAYA DISCASで無料レンタルする
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

映画「となりのトトロ」の動画を無料視聴する方法!⇒TSUTAYA DISCASで手軽に無料レンタル

冒頭でもお伝えしましたが、映画「となりのトトロ」の動画は現在、動画配信サービス(VOD)では配信されていません。

そこでTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)というサービスを利用すれば、無料で簡単に映画「となりのトトロ」のDVDをレンタルすることができますので、非常におすすめです。

TSUTAYA DISCASは超便利な宅配レンタルサービス!

TSUTAYA DISCASは、株式会社TSUTAYAが提供しているDVD/CDの宅配レンタルサービスで、これまでに延べ数百万人が利用しています。

スマホやPCから手軽に予約して、自宅まで送料無料で届けてくれますのでとても便利なサービスです。(翌日配送率は97%!

視聴後はポストに返却するだけで完了です。

しかも返却期限がないので、延滞金の心配もまったくありません。

通常は有料サービスですが、初回登録時に30日間のお試し体験を実施していますので、期間中は無料でサービスを利用することができます。

お試し期間中は、DVD/CDの旧作が借り放題となります。

新作は対象外となりますが、映画「となりのトトロ」を無料で借りることができますし、他にもTSUTAYAの充実した作品群が楽しめます!

もちろん他のジブリ作品も無料でレンタル可能ですので、同時に視聴するのもいいですね。

お試し期間中に解約すれば、料金は全くかかりませんし、登録・解約手続きはとても簡単にできますので、ぜひお試しください。

TSUTAYA DISCASで無料レンタルする
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。
※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

TSUTAYA TV(動画配信サービス)にも同時に無料登録することが可能!

TSUTAYA DISCASに登録する際に、TSUTAYA TVという動画配信サービスにも同時に無料登録することができます。

TSUTAYA TVでは、新作・準新作を除く10,000タイトル以上が見放題となっていて、映画、ドラマ、アニメなど豊富なラインナップを楽しめます。

初回登録時に1,100円分の動画ポイントをもらえますので、ポイントを使って新作の視聴も可能です。

こちらのサービスも初回登録後30日間はお試し期間となりますので、期間中はサービスを無料で利用できます。もちろんお試し期間中に解約すれば、料金はかかりません。

TSUTAYA TVが必要なければ、TSUTAYA DISCASのみでの登録も可能です!

登録手続きは簡単ですので、この機会にぜひ登録してみてください。

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

※記事内容は、2020年5月5日時点の情報です。最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 公式サイトにてご確認下さい。

動画共有サイトでの視聴はリスクがあります。おすすめはできません。

動画共有サイトで映画「となりのトトロ」が配信されている場合があるかもしれません。

しかし、そういったサイトは違法アップロードサイトですので、次のデメリットがあります。

・画質や音質が悪い
・広告が多くてストレスが溜まる
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全て見ることができない
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに高画質で映画「となりのトトロ」を視聴するなら、公式サービスであるTSUTAYA DISCASでレンタルすることをおすすめします。

映画「となりのトトロ」作品情報

作品概要

『となりのトトロ』(英題:My Neighbor Totoro)は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。宮崎駿監督作品。昭和30年代前半の埼玉県所沢市を舞台にしたファンタジー。田舎へ引っ越してきた草壁一家のサツキ・メイ姉妹と、子どもの時にしか会えないと言われる不思議な生き物・トトロとの交流を描く。

参照:となりのトトロウィキペディア

主なキャスト

サツキ:日高のり子
メイ:坂本千夏
とうさん:糸井重里
かあさん:島本須美
ばあちゃん:北林谷栄
トトロ:高木均

主なスタッフ

原作・脚本・監督:宮崎駿
プロデューサー:原徹
作画:佐藤好春
美術:男鹿和雄
仕上:保田道世
音楽:久石譲
制作:スタジオジブリ

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

関連ツイートと視聴者の声(ネタバレあり)

視聴者の考える見どころ

(30代・女性)
見どころは、子ども時代に戻ったような気持ちで見れる楽しさだと思います。

田舎の学校や、町並み、家、風景、キャラクターがしっかりしていて、トトロもどこかに居るんじゃないかと思わせてくれる、夢のあるアニメだと思います。

(40代・男性)
この作品の見所はなんといっても、架空のキャラクターであるトトロとサツキとメイの交流だと思います。

サツキたちが種を植えた場所で、トトロたちが踊って目を出すシーンなど、ほのぼのして素晴らしいと思います。

そして、ネコバスやまっくろくろすけなど魅力的なキャラに溢れているところだと思います。

(50代・男性)
トトロが猫バスに乗せてくれるシーンが印象的で、掲示板の名前が、メイや病院に変わり、その場所につれて行ってくれます。

体の中から突然ドアのようなものが現れてあいたり、足がたくさんあり、走り出すと物凄く早く、独特の音楽で動き出します。

また、テーマ曲の「散歩」もいい曲です。

(30代・女性)
まだ見ていない方や子どもがいる方に家族みんなで楽しめる作品なので是非とも見てもらいたいです。

うちの子どももそうですが、なぜか子どもは一瞬でトトロが大好きになります。

また映画だけではなく音楽も聴くと胸が熱くなりジーンとなる名曲ばかりです。

さらに見どころを見る

(30代・女性)
子供の純粋で素直な心の持ち主にしかトトロに会えないと言われているので、子供のような純粋で素直な気持ちになって見ることができる映画だと思います。

トトロの小さいトトロがすごく可愛いです。

たくさんいるので、全部見てほしいです。

(30代・女性)
トトロの見どころは、トトロと子供たちがどのように交流していく過程と、草壁家の家庭での日常のふれあいの部分が見どころだと思います。

初めての土地でも母親がいないから母親代わりとして強くしっかり頑張る五月ちゃんの健気さと、メイちゃんの子供らしさ、お父さんの寛大さの仲良し家族だけど、お母さんがいないといった寂しさの部分の中に、トトロとの出会いと冒険があり、心がほっこりする作品だと思いました。

(30代・女性)
不思議で可愛いトトロや猫バスが登場し子供が夢中になり感動を与えるアニメ映画です。

懐かしい日本の田舎の風景と共に子供の頃の日々が蘇ってくるような作品になっています。

子供から大人まで一緒に見て楽しめる映画です。

(30代・女性)
最後、トトロの曲に乗せられてエンディングへと繋がるシーンは、とにかく見どころです。

もちろん、トトロが出てくる箇所は全部、リピートしたくなるほど、不思議でかつ和みます。

サツキが年齢の割にしっかりし過ぎているところもまた、注目してみると更に物語の深みに入り込むことが出来ると思います。

(40代・女性)
見どころは、やはりトトロとメイとさつきの交流の部分だ思います。

トトロは話はしませんが、その大きな体と大きな心でいつもメイとさつきを優しく包みこんでいるような感じで、とても癒されます。

夏の情景がたっぷり描写されているので、夏休みにおすすめの映画だと思います。

(20代・女性)
サツキとメイが出会う不思議な生き物たちや、まわりの優しくあたたかい人たちとの交流が見どころです。

はじめてみる生き物を追いかけるワクワク感等、子供の純粋な目線を色鮮やかに表現しているので大人だからこそ楽しんで観られる作品です。

視聴者の感想

(30代・女性)
子どもから大人まで楽しめる、懐かしさもあり、楽しさもあり、夢のあるアニメだと思います。

田舎へ引っ越してくるシーン、何が始まるのかと自分もさつきとめいになったような子どもの気持ちで、わくわくした気分になることができます。

さつきとめいの元気いっぱいなところは、見ていて元気をもらえます。

引っ越した家のなかで冒険したり遊んだり、まっくろくろすけや、小さいトトロや、キャラクターがたくさん出てくるのが楽しいです。

皆でトウモロコシを取りに行ったり、夏の田舎を感じさせるので、とても懐かしさのある場面で好きです。

めいちゃんが外で遊んでいるとき落っこちてしまって、トトロを見つけていっしょに寝てしまうシーンはとても好きです。

あのトトロの毛のフサフサ感が可愛いし、いつも見て癒されます。

そしてめいちゃんが迷子になってしまい、トトロやネコバスが出てきて、ジブリらしい面白さがありました。

ストーリー、キャラクター、風景、どれも素直に楽しめるアニメです。

(40代・男性)
「となりのトトロ」は名シーンがてんこ盛りの、日本を代表する素晴らしいアニメ作品だと思います。

登場するキャラクターも魅力に溢れていて、まずはなんといってもトトロのインパクトが大きすぎて、凄まじいと思います。

小さいのと、中ぐらいのと、大きいのの3匹がいますが、一番大きいのは宮崎駿監督をイメージしているということもあり、迫力満点だと思います。

可愛いのは、雨をしのいでいる時にサツキから傘をもらって、雨が傘に当たる音に驚いて、嬉しがっているシーンです。

また、まっくろくろすけも可愛くて、まっくろくろすけの歌は誰もが歌ったと思います。

ネコバスも少し怖い感じもありますが、インパクトがあります。

そして、サツキとメイの二人の姉妹が可愛すぎると思います。

お姉さんのサツキはしっかりもので、妹のめいはまだ幼いので甘えん坊という感じですが、本当に仲が良い姉妹でほのぼのすると思います。

メイがトウモロコシのことをトウモコロシというのも名シーンでインパクトがあります。

(50代・男性)
サツキとメイは母の病気の療養のため、自然の豊な田舎へ父と一緒に引っ越してきます。

引っ越し先のの家でお化けに会う二人で、その話を母にするも、母親は怖がりませんでした。

父とのほのぼのとした、田舎生活の中で突然の雨の中、二人はあるものに出会います。

あるものとは、トトロといい、大柄でユーモラスで、小さい自分の子もいました。

メイは先に会っていたのだが、サツキも会いたいと思っており、とても魅力のあるキャラクターであることがわかりました。

雨の日にバスの停留所で、傘をさしてバスをまっていたところ、トトロが葉っぱをさしてやってきます。

サツキが見かねて、黒い傘をさしてあげると、お礼にドングリをくれますが、このシーンもまた名シーンの1つです。

バスがやって来たかと思っていたが、なんとそれは、猫のようなバスで、トトロはそれに乗って行ってしまいます。

しばらくたってメイが母に会いたいと駄々をこねて、家を飛び出してしまい、村中で探すも見つからず途方にくれたサツキを、トトロが助けてくれます。

猫バスに乗せてくれメイを探してくれ、母の病院につれていき、母と久しぶりの再会を果たしたシーンはこちらも思わずうるうるとしてしまいました。

(30代・女性)
物心つく頃からずっと大好きで見続けている作品です。

田舎に引っ越してきたさつきとめいがトトロに出会うお話です。

レトロな世界観と不思議でありそうでないお話に引き込まれます。

これは現実なのか、夢なのか途中わからなくなるような世界観があり、子どもの時に見ていた時と大人になってまた見るのでは見る視点が変わっていると感じます。

引越し直後のさつきとめいが家を探検するシーンが好きです。

まっくろくろすけを見つけめいが捕まえますが手の平に入れた瞬間消えてしまいます。

あのシーンは何回も見るくらい好きです。

また本当はさつきの事が好きなのに照れ隠しでわざと意地悪な事を言ったりしていたカンタがめいが行方不明になってからすごく男らしく見えました。

また最初の方は無邪気な姿で楽しく見れましたが、後半だんだんシリアスになってくるので少し胸が苦しくなります。

ラストの木の上に登ってお母さんを見つめるさつきとめいに子どもの頃は何も違和感を持ってなかったですが、大人になって見ると色々と想像してしまう部分があります。

さらに感想を見る

(30代・女性)
とても自然豊かでのびのび生活できているところが大好きです。

子供の頃にしか見えないおばけのトトロは、すごく優しくて頼りがいのあるおばけで、見ていてとてもほっこりします。

どんぐりの木の実をプレゼントするところもトトロらしくて好きです。

そのどんぐりの木の実を埋めて育てていたら芽が出てトトロがやってきて、一緒に空の旅をするところがなんとも言えない爽快感があり、大好きです。

私自身、子供のころから何度も見ている映画で続きを知っているのですが、毎回テレビで放送されるたびに見入ってしまう映画です。

めいちゃんが迷子になって、トトロがネコバスを呼んで、さつきちゃんをめいちゃんのところまでネコバスが連れて行ってくれるシーンがあるのですが、あのフカフカのネコバスに乗りたい!と何度も思ってしまいます。

気持ちいいだろうなぁと今でも思ってしまいます。

心が純粋で素直な子供のうちしかおばけのトトロに会えないという設定は、ジブリらしいなぁと思います。

大人が見てもすごく楽しめる映画です。

(30代・女性)
個人的にはメイちゃんがまっくろくろすけと出会うところと、お父さんがいない日に、メイちゃんが学校に行くところから雨の日のお迎えにいくところが好きです。

まず、メイちゃんがまっくろくろすけにあって、つぶしてしまうというのが、5歳児特有のことだと思いますが、

面白かったのと、そのままでおばあちゃんのお尻に浣腸してしまった上で、人見知りでさつきちゃんの後ろに隠れてしまう一連の流れが好きでした。

また、困ったおばあちゃんが学校にいき、メイちゃんと2人で校庭に立ちすくんでいるところから、張り切って授業を受けている場面や、雨の日に五月ちゃんが初めてトトロと出会い、トトロが傘を気に入ってしまう表情が特に面白かったです。

あの2人がいつからトトロの存在を忘れてしまうのかが気になりますが、きっと見えるうちは時々森の中で迷って、トトロ達と楽しく遊んで暮らしているのかなと思います。

そして、ふとした時に、存在すら忘れてしまう大人になってしまった時が来てしまうのかなと思いました。

(30代・女性)
「となりのトトロ」の魅力は子供はもちろん大人が見ても楽しめるアニメ映画だと思います。

私は子供向けのアニメ映画だと思い随分長い間見なかったのですが、つい最近、自分の子供と一緒にまた鑑賞しました。

子供の頃は見ていても気づかなかった映像の素晴らしさや家族一人一人の心情や昔の日本の暖かさなど大人になってから見るとまた違う映画のように見る事ができました。

作品の中ではサツキは面倒見が良く優等生のお姉ちゃんである事が感じ取れるシーンやセリフがたくさん出てきます。

だけどお母さんの病院から電報が届いた時に今まで我慢していた感情が一気に崩れてしまったシーンは印象的でした。

「よく我慢したね、泣いていいんだよ」と母親のように伝えたくなりました。

メイの子供らしい無邪気さや頑固で可愛い性格も見ててほっこりさせられました。

そしてジブリ作品らしい絵の綺麗さは流石だと思います。

田園風景や森、お家の細部まで、まるでそこに自分が入ったのように感じさせてくれ何度見ても映像に見とれてしまいます。

(30代・女性)
一番いいシーンは、終盤に、メイがいなくなってから、サツキが探すところです。

トトロはネコバスを呼ぶだけだったので、出番は少なかったのですが、サツキとメイがネコバスの前で再会するシーンが一番キレイな絵だったと思います。

トトロの存在は、当時、まだ子供だった私にとっては、謎でしかありませんでした。

オバケなのか、本当は存在していない幻なのか、解釈には困りました。

ただ、大きくなってから見直してみると、子供は純粋で、特にサツキとメイが純粋過ぎたから見えていたのかな、と思いました。

キャッチコピーの「このへんな生きものは まだ日本にいるのです。たぶん。」という言葉は非常に考えさせられました。

ジブリは、ロマンチックで可愛らしくて、子供向けのアニメーションだとは思いますが、このように意味深いメッセージが込められているのもまた、ジブリ映画の醍醐味だと思います。

「となりのトトロ」は歴代のジブリ映画の中でも、一番シンプルで見やすい映画だと思います。

しかし、そんなシンプルな映画でも、「大人には見えない」など、純粋さを失ってしまった大人への皮肉もまた、もしかしたら込められていたのかもしれません。

なにはともあれ、終始ホッコリする映画ですし、最後のトトロ曲は、思わず一緒に歌いたくなるほど、優しさでいっぱいの曲でした。

(40代・女性)
となりのトトロは、トトロとメイとさつきのひと夏の交流を描いた映画です。

しっかりもののさつきとちょっとマイペースで物怖じしないメイは、どこにでもいそうな姉妹でとても親近感がわきます。

メイのしゃべり方やしゃがむ姿など一つ一つの仕草が、自分の3歳の頃の娘にそっくりでおかしかったです。

トトロとメイとさつきが夜に一緒にどんぐりに乗って空を飛び冒険する場面は、ありえないはずだけど、子供の頃にこんな体験があったような気がしてくるようなとても懐かしい不思議な気持ちになります。

トトロは、大きな体と大きな心でいつもメイとさつきを優しく包みこんでいて、ピンチの時には助けてくれ、頼もしくて見ていてとても癒されます。

トトロ以外にも小トトロやまっくろくろすけや猫バスなど色々な可愛いキャラクターが出てくるのも楽しいです。

となりのトトロには、夏の情景がたっぷり描写されているので、毎年、夏になると子供立ちと一緒に見たくなる映画です。

(20代・女性)
子供の頃から何度も観ている、スタジオジブリの名作だと思います。

幼い姉妹と不思議な生き物トトロとの交流をえがくハートフルな作品なので大人から子供まで安心して見ることができる素敵な作品です。

私がとくに好きなシーンは、主人公である姉妹サツキとメイが雨の中バスで帰ってくる父親の帰りを待つシーンです。

傘を持たずに仕事に出た父親の為に、雨の中バス停まで迎えに行くのですがなかなか父親をのせたバスやってきません。

最初ははしゃいでいた妹のメイも、だんだん眠気で立っていられなくなり仕方なくサツキがおんぶをしてあげることに。

困った様子でバスを待っていたらそこにトトロがやってきます。

そのトトロの様子がとても可愛らしくて1番お気に入りです。

姉妹から借りた父親の大きい黒い傘をさし、木から垂れてきた雫が傘に当たる音をきいて楽しそうに笑うのです。

大きな口でニッコリと笑う姿がとてもキュートなのでいろんな人に観てもらいたいシーンだと思っています。

他にも小さな白い小トトロがどんぐりを集めているシーンや、オカリナをふくシーンなど名シーンが沢山あって何度見ても楽しめて大好きです。

映画「となりのトトロ」の動画視聴方法まとめ!TSUTAYA DISCASで手軽に無料レンタルしよう!

映画「となりのトトロ」の動画は、動画配信サービスでは配信されていませんので、TSUTAYA DISCASでDVDを無料レンタルするのが一番おすすめです。

ネットで気軽に予約できて、基本的に翌日には自宅に届きますので、とてもおすすめです。(送料無料・返却期限なし

登録時には、動画配信サービスのTSUTAYA TVにも同時に無料登録できます。(TSUTAYA DISCASのみの登録も可)

両サービスともに30日間のお試し期間があり、期間中に解約すればお金は全くかかりません。

登録・解約手続きは簡単ですので、ぜひお試しください。

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)