映画無料視聴

映画「トイ・ストーリー4」(字幕・吹き替え)の動画をフルで無料視聴する方法は?世界興収1000億ドル超えの大ヒット作

ここでは、映画「トイ・ストーリー4」のフル動画を無料で視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、動画配信サービスであるU-NEXTを利用すれば、一切お金をかけることなく視聴ができます。

U-NEXTでは、これまでのシリーズや電子書籍版も配信されています。

登録後31日間は無料トライアル期間となっていて、解約はいつでも簡単にできます。

いますぐU-NEXTで無料視聴する方はこちら
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

映画「トイ・ストーリー4」動画の無料視聴方法!おすすめは断然U-NEXT

まず、主要な動画配信サービスでの映画「トイ・ストーリー4」の配信状況をチェックしてみましょう。
(○=今すぐ無料視聴が可能、△=配信されているが有料、×=未配信)

U-NEXT
Hulu
Amazonプライム
dTV
FODプレミアム
Paravi
ビデオパス
ビデオマーケット

いくつかのサービスで配信されていますが、最もおすすめなのが、業界大手のU-NEXTです。

大きな理由は以下の通りです。

・映画「トイ・ストーリー4」が今すぐ無料で視聴可能
・旧シリーズ作品や電子書籍も配信中
・登録、解約手続きが比較的簡単にできる
・作品配信数が圧倒的

・無料トライアル期間が長い

U-NEXTには見放題作品とレンタル作品がありますが、レンタル作品であっても初回登録時にもらえる600ポイントを使用してすぐに無料視聴ができます

ちなみに映画「トイ・ストーリー4」はレンタル作品(視聴するのに440ポイントが必要)なので、初回登録時にもらえるポイントを使用しての視聴となります。(字幕と吹き替えの選択が可能です。)

さらにU-NEXTでは、旧シリーズ(トイ・ストーリー1~3)や電子書籍も配信されています。

現在31日間の無料トライアルを実施していますので、全くお金をかけることなく、映画「トイ・ストーリー4」の視聴が可能です。

 

U-NEXTの動画配信数は16万本と国内最大級で、映画はもちろんドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど作品の充実度は群を抜いています。

新作から旧作まで多数の映画を配信中

登録や解約手続きは他サービスに比べて簡単なので、ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

さらにU-NEXTは、他のサービスと比較して下記のようにメリット(特徴)がたくさんあります。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

このようにU-NEXTは映画好きにはたまらないメリットが盛り沢山です。

デメリットは無料期間終了後の月額料金が1990円(税抜)とやや高めなことくらいです。

といっても毎月1,200円分のポイントがもらえますし、その前に無料期間内(登録から31日以内)に解約してしまえば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きはとても簡単ですし、映画「トイ・ストーリー4」を無料で視聴するならU-NEXTが一番オススメです。

違法アップロードされているサイトでの視聴は、ウイルス感染や個人情報流出の危険がありますので、公式サービスであるU-NEXTで安全に視聴することをおすすめします。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※2019年11月時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

映画「トイ・ストーリー4」作品情報

ウッディやバズ・ライトイヤーなどお馴染みのキャラクターが再登場している他、前作では別の持ち主の元へ渡ったため登場しなかったボー・ピープが20年ぶりに再登場している。「何がおもちゃにとっての幸せなのか」というシリーズの根幹を成すテーマ、またかねてから指摘されていた「人格を持つものが人間の所有物となって良いのか」というシリーズが孕んでいる倫理的な問題をクローズアップした作品となっている。

参照:トイ・ストーリー4Wikipedia

あらすじ

あらすじ引用

主なキャスト(声の出演)

(ウッディ)トム・ハンクス
(バズ・ライトイヤー)ティム・アレン
(ボー・ピープ)アニー・ポッツ
(フォーキー)トニー・ヘイル
(ダッキー)キーガン=マイケル・キー
(ボニー)マデリーン・マックグロウ
(ギャビー・ギャビー)クリスティナ・ヘンドリックス
(バニー)ジョーダン・ピール
(デューク・カブーン)キアヌ・リーヴス
(ギグル・マクディンプルズ)アリー・マキ

主なスタッフ

監督:ジョシュ・クーリー
音楽:ランディ・ニューマン
脚本:ステファニー・フォルソム、アンドリュー・スタントン
製作:マーク・ニールセン

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

関連画像Tweetと視聴者の声(ネタバレあり)

感想

感想を見る

「トイ・ストーリー4」では、フォーキーやデューク・カブーンなど新しいおもちゃの存在にも目をひかれましたが、印象に残ったのはウッディの役回りの変化です。

それまでおもちゃのリーダー的存在として大活躍していたウッディですが、自由奔放に生きるボー・ピープとの行動の中ではそのリーダーシップを発揮することはなく、どちらかというと指図される存在として立ち回っているのが新鮮でした。

また、ボニーと遊ぶ機会が減ったウッディが、フォーキーのお世話をすることで必死に自分の存在意義を確認しようとする姿には切なさを感じました。

だからこそ、物語終盤でウッディが自分自身のために生きるためにボニーのもとを去る決心をした場面では、寂しさはありながらも、ある種のすがすがしさを感じることができたと思います。

物語の終盤で、ボニーのおもちゃとして家に帰る道ではなく、自分自身のために自由に生きる道を選んだウッディですが、ボーとの新しい生活の先に何が待っているのか、強い絆で結ばれたバズ達と再開する日は来るのかなど、新たなストーリーを想像すると楽しみでなりません。

「トイ・ストーリー3」のようなハラハラドキドキの冒険も勿論面白かったですが、「トイ・ストーリー4」では、単なる冒険の面白さではない、「人生とはなにか」「自分自身のためにいきるとはどのようなことか」を考えさせてくれる映画だったと思います。
(40代女性)

ウッディの心の変化がはっきりと描かれていたのがとても面白かったです。

アンディのおもちゃだったころは、一番のお気に入りで友達でそばで支えていたのに、映画の始まりからクローゼットの奥においやられヒーローではなくなっていました。

周りのおもちゃは理解が出来ても、ウッディは理解できなかったのだと思います。

こっそり保育園に持っていく鞄に隠れて、ボニーについていきますが、保育園になじめないボニーを助けるところはすごく優しい気持ちになりました。

保育園の工作で新しいおもちゃの「フォーキー」が誕生しますが、このフォーキーがとても可愛いです。

普段ぬいぐるみやグッズを欲しいと思わないですが、フォーキーに関しては愛着がわきました。

ボニーの家族とおもちゃたちが旅行していく中でウッディの心の変化があり、ボニーが大好きなフォーキーを成長させようとしている所には感動しました。

最終的にウッディは子供の気持ちより自分の感情を選択したのは驚きでした。

今までのウッディであれば子供のことを一番に考えて選択していたのに、フォーキーやバニーとの再会で心境が大きく変わったのかなと思いました。
(20代女性)

前作の「トイ・ストーリー3」では持ち主のアンディが大人になり、おもちゃたちの持ち主がボニーという女の子に変わるところで話が終わります。

子供が大人へと成長するのはおもちゃには変えられない運命であり、ウッディたちは特定の持ち主に所有される道を選んだのです。

シリーズとしての終わりを感じられたし、きれいなエンディングだったように思えました。

「トイ・ストーリー4」ではウッディが自分の幸せはなにかを考える部分が主題になっているのかな、と思いました。

これまではおもちゃとしての幸せや自分の持ち主であるアンディを喜ばせる=幸せにするためにウッディが奔走する話が中心でしたが、劇中に出てくる「迷子のおもちゃ」、そして「迷子のおもちゃ」になっていたおもちゃ仲間のボー・ピープに再会することで、今まで自分が疑ってこなかった「おもちゃ」としての幸せの概念に疑問を感じることになる・・・

その心の揺らぎを細やかな描写を通して伝わってくるのがこの映画の最大の特徴で面白い部分かと思います。

映像もより鮮やかで、出てくるキャラクターも今回もとても良いです。
(20代女性)

アンディのおもちゃから初めて違う子のおもちゃに変わっての生活を楽しみにしていました。

その中で今回新しく仲間に加わった「フォーキー」がまたなんとも言えない、他のメンバーに負けない個性的な子でこの先どうなるのかと気になり、最後までハラハラしなが観れて面白かったです。

勿論、主人公のウッディとバズも変わらず仲間思いで期待通りで、トイ・ストーリー3で親密になったバズとジェシーもほのぼのしていて良かったです。

フォーキーの捜索によってウッディの昔の仲間との出会いと新しい出会い、いつもとても頼もしいメンバーと協力しながら難しいミッションをなんとか進んでいく姿は格好良すぎます。

個人的には、カブーンの話が一番好きで、ウッディ達の仲間になってくれたらと思うほど好きです。

旧友のボー達と協力の時のお互いが引かれあっていながらももどかしく、切ない感じがまた良かったです。

その中で、「T」で今話題のチョコレートプラネットさんが声優をされていてお二人に合ったキャラクターでとても面白かったです。

結末では「そうきたか!」とやられ、最後まで想像を越えていて面白かったです。
(30代女性)

トイストーリーシリーズは、1からずっと観ています。

小学生の息子がずっと大好きな作品で、過去作品やスピンオフも全て鑑賞済みです。

今年の夏、息子と一緒に映画館で鑑賞しました。

最初のアンディーのシーンから、私は涙が止まりませんでした。

今回もたくさんの新キャラが登場しましたが、私が何より印象に残っているのはボーピープ。

いつの間にかトイストーリーシリーズからフェードアウトしていた彼女。

今回のトイストーリー4では、驚くほどの変貌を遂げ大活躍していました。

彼女は誰よりも輝き、スクリーンを駆け回り、観る人に新しい人生の価値観を提示してくれたように思います。

生きる場所や世間の目(この映画の場合はオモチャの目でしょうか)に囚われず、自由に生きることは簡単なことではありません。

しかし彼女は自由を愛し、覚悟を決め、何よりも楽しんでオモチャとしての人生を全うしています。

今の時代にとてもマッチしたヒーロー像だと、私はとても感動しました。

賛否両論あるラストのウッディの選択ですが、私はポジティブに捉えています。

誰のためでもない、自分のための人生を歩みだしたウッディ。

それを応援する、バズをはじめとする仲間たち。

この映画に出会えて本当に良かったと心から感じることができる映画でした。
(30代女性)

トイ・ストーリーは回を追うごとに、ただのおもちゃの話ではない、子どもというより大人の方が心に響く映画だなあと実感します。

まさに今回のトイ・ストーリーはその最たるものだったのではないかと思いました。

まず新たなキャラクターとして、ボニーが幼稚園で作ったおもちゃのフォーキーが登場しました。

これまで既製品としてのおもちゃしか存在しなかったのに、手作り感満載のおもちゃが息をしているということの斬新さがありました。

またフォーキーの面白く、コミカルなキャラ設定に見ている間笑いが止まりませんでした。

そんなフォーキーも最初はゴミから作られたこともあり、愛されるということが分からない中、ウッディと過ごすうちに少しずつ愛されること必要とされることを学び、人格が形成されていく点に成長を感じました。

一方でウッディは以前と比べると遊んでもらえなくなり、自分が必要とされていないと感じることが多くなりました。

ウッディが寂しいという想いや本当は自分で遊んで欲しいという想いを押し殺して、ボニーにとっての一番のおもちゃであるフォーキーを何とかしてボニーの元に届けようと、行動していることにはとても切ないものを感じました。

そんな中で以前一緒に暮らしていたボーとの再会がウッディにとって新たな転機となりました。

誰のものでもないおもちゃという自由さ、持ち主が決まっていなくても遊んでもらえるという喜びを感じることこそが自分の幸せだとボーが話しているシーンはとても印象的で、幸せの感じ方は人それぞれなのだと改めて思わされましたし、何が自分の幸せなのかをよく考えることで自分がどうしたらいいのかが分かると諭されているようでした。

結局ウッディは持ち主はいないけれども、遊んでもらえる幸せを選び、これまでずっと一緒にいた仲間とお別れすることを選択しました。

とても寂しいことのはずなのに、ウッディ本人と仲間たちもそれぞれ晴れやかな顔をしていて、切なく感じつつもこれからの期待に胸を膨らませることが出来ました。

ただのおもちゃの話ではなく、私たちの人生の選択という意味で非常に勉強になる話でした。

自分の幸せとは何なのか、考えているようで考えていない命題にしっかり向き合うこととします。
(20代女性)

前作までは、仲間どうしの友情とともに、持ち主との絆が描かれていて、今作も似た作りなのかなと思って鑑賞しましたが、期待をいい意味で裏切られました。

今まで描いてきた、おもちゃの在り方自体に疑問を投げかける新キャラクターのフォーキーは、ウッデイやバズのように持ち主と遊ぶ喜びを理解せずに自由に行動します。

それと対比されるようにウッディが描かれます。

持ち主の喜びのために振る舞うという、おもちゃの在り方について、そもそも自分は誰のために生きるのか、自分がしたいことは何なのか、という葛藤をかかえながらウッデイはうごいているようにも感じます。

自分も今までの作品については、けっきょく誰かに価値を認めてもらわないと自分たちの価値はないくらいの主張をするおもちゃたちに、それでいいのかという気持ちもあったので、この展開は自分の気持ちを代弁してくれてるようでした。

前作でうまくシリーズを完結させ、今作は蛇足だと感想の人もいましたが、私にとってはいままでのモヤモヤに答えをだしてくれる清々しい作品でした。
(40代男性)

毎回新作のトイストーリーが出ると見に行ってます。

毎回でてくるキャラクターが新しいものや前からいたキャラクターが進化したなあと感じる部分があります。

今回トイストーリー4でかなり久しぶりに再登場したボー・ピープの活躍がよかったです。

ボーはウッディと同じく今回のストーリーのメインキャラとなったと感じました。

アニメーション技術も進化したと思いました。動く時の音とかもそうですが床に転がった時のしぐさとか、腹話術人形たちとのバトルシーンまで完璧にボーを表現していると思いました。

新キャラクターのバニーとダッキーも同様に、前作に登場したロッツォ以上のふわふわ感がとてもかわいらしいです。かわいらしい見た目と真逆にかなりこわい性格なのでギャップがまたいいです。

おもちゃにとっての幸せは子供たちを幸せにすることだとトイストーリーを見ていて思います。

ウッディたちは、常に子供のことを考えて一生懸命に行動するのがとても感動します。
(20代女性)

小さい頃からトイ・ストーリーが大好きで、楽しみに映画を観ました。

今回トイ・ストーリー4が公開されると知り、まずはおどろきました。

なぜかと言うと、3で完結したと思っていたからです。

主人公ウッディの持ち主が代わり、そこでこのトイ・ストーリーの話は終わったと思っていました。

しかし4が公開されることになり、一体どんなストーリーになっているのか興味が湧きました。

完結と思っていた作品に続編があるのは不思議な気持ちで、観ようかどうかギリギリまで悩みました。

グダグダ頑張って繋げたような内容だったら観ないほうがマシかな…でもきっとトイ・ストーリーは裏切らないはず!と期待と不安を抱えた気持ちのまま映画を観ました。

結果的に、観てよかった!の一言に尽きます。

主人公のウッディは今まで持ち主の為にその人生を送ってきたようなものですが、その生き方を考え直すストーリーになっていました。

懐かしいキャラクターや、新キャラクターも出てきてとても賑やかです!

ウッディが最終的に自分で決断をくだすシーンも感動でした。

今度こそこれで完結だと思いますが、最終章にふさわしい内容になっていたと思います!
(20代女性)

トイストーリー1〜3で見られる子供とおもちゃの関係ではなく、4はおもちゃなりの生き方を描いていた点がとても印象的でした。

彼らは常に子供のために生きてきましたが、4では「自分は何のために生まれてきたのか?」と、それぞれが自分の人生についてじっくり考える内容になっています。

シリーズ上最も賛否両論分かれる作品になったと感じますが、私はおもちゃの人生をまるで人間のように捉え描いた本作にとても胸を打たれました。

おもちゃは子供のためにあるという前提を覆すような内容でしたが、今度は自分のために生きていこうとする彼らの姿に涙を仲間さずにはいられませんでした。それはおもちゃだけではなく、私達人間にも大きなメッセージを与えてくれると思います。

本作から登場する新キャラクターにも大注目です。とにかく個性派揃いで目が離せません。久々登場するボーピープの変貌ぶりやお馴染みのおもちゃ達に起こった変化や、トイストーリーを締めくくるに相応しい作品でした。
(10代女性)

見どころ

見どころを見る

これはおもちゃと子供の物語ではなく、おもちゃの物語です。

しかしおもちゃ達の生き様を通して、私達は私達自身の人生について振り返ることになるでしょう。

子供を楽しませることが生き甲斐だったウッディは、本作でその生き甲斐を失うことになります。

その後彼が取った行動を、あなたはどう感じるでしょうか?

見た人それぞれに違った印象をもたらすものの、シリーズを締めくくるには素晴らしい作品でした。
(10代女性)

主人公ウッディのこれまでのおもちゃとしての生き方、そしてこれからの生き方がこの映画最大の見どころだと思います。

おもちゃとしての生き方に正解は無いと思いますが、ウッディがどんな決断をするかを是非観ていただきたいです。
(20代女性)

見どころはかわいいおもちゃのキャラクターが頑張って子供たちを楽しませようと努力する行動力に感動させられるとことです。

どんな困難もチームでのりこえていくおもちゃたちを見ているととても励まされ、元気になる映画です。
(20代女性)

舞台を遊園地や旅先のアンティークショップに変えて、さらにキャラクター達が躍動します。

新キャラクターのフォーキーもいいアクセントになってますし、なによりもウッディとバズの友情の新しいかたちに、彼らの未来を願わずにはいられません。
(40代男性)

子どもが楽しんで観る映画だと思わないでください。

大人こそ色々な点に共感できる物語になっております。

新しい仲間や冒険先で新たに出会うおもちゃ達、ずっと一緒にいた仲間達それぞれが持っている想いは「遊んでもらいたい」という点は一緒でも細かい点で違います。

そのことにしっかりと向き合い、どうすれば自分の幸せを掴むことが出来るのかということを考え、行動するウッディが見どころです。

観ている私たちに改めて自分の幸せを考える機会を与えてくれる作品です。
(20代女性)

子供向けアニメーションだと侮ってはいけません。

これは人生に悩む大人たちのためのアニメです。

またこれからを担う若者たちに、人生で大切なものは何か。自分らしく生きることの大切さを提示しています。

素晴らしいアニメーションですよ。
(30代女性)

ウッディやバズの仲間達は今まで数々の苦難を乗り越えて今回まで来ています。

ですのでどんな事にも仲間は勿論ですが、相手がどんなおもちゃでも相手を理解して手を差しのべてくれる優しさ、困難に立ち向かう勇気を教えて貰えるストーリーだと思います。

何か悩んだ時に観て貰えるとほっこり、元気になること間違いないです。
(30代女性)

これまでのシリーズに比べるとやや大人向けの内容になっており、ウッディの心の揺らぎやウッディがどのような選択をするのかがこの映画の最大の見どころだと思います。

この映画と共に、ウッディが歩んできた道や変化、成長を感じながら楽しく見ることができると思います。
(30代女性)

今まで通り子供の成長を見守るストーリーに変わりはありません。

今回今までと大きく違うのは、ウッディの立ち位置が大きく変わります。

男の子のおもちゃではなく、女の子のおもちゃとなったウッディは今までみたいに一番のお気に入りのおもちゃではなくなってしまってます。

新しいおもちゃ「フォーキー」が主人公の女の子のヒーローになり、ウッディは補佐役的な立ち位置です。

ウッディの葛藤と成長がみられる映画になっています。
(20代女性)

「トイ・ストーリー4」の見どころは、これまでの「持ち主の幸せのための存在」であったウッディが、持ち主を持たず自由に生きるボーとの再会によって、自分自身の幸せを見つけようとするところだと思います。

人は、子どもの頃は自分自身のために生きていますが、大人になるにつれて、会社のため、夫や妻のため、子どものために、その人生をささげることになります。

「誰かのため」「何かのため」に生きる人生も勿論幸せですが、一度きりの人生、自分のために生きてみる時があってもいいのではないでしょうか。

おもちゃが主人公の映画ですが、自分の人生のあり方を考えさせてくれる、そんな映画だと思います。
(40代女性)

まとめ!映画「トイ・ストーリー4」の動画はU-NEXTで無料視聴しよう!

映画「トイ・ストーリー4」のフル動画を無料視聴する方法や、作品情報をご紹介しました。

U-NEXTを利用すれば、映画「トイ・ストーリー4」を無料で視聴することが可能です。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

U-NEXTは31日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)