ドラマ動画(無料視聴方法)

【動画配信】ドラマ「アンナチュラル」を全話無料で視聴する方法は?不自然死究明研究所のメンバーたちの物語

こちらでは、ドラマ「アンナチュラル」の動画を全話無料で視聴できるサービスを紹介しています。

ドラマ「アンナチュラル」は、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで全話無料で視聴することが可能です。

Paraviに登録すると2週間のお試し期間となるので、お試し期間中に視聴してから解約すればお金は全くかかりません。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

ドラマ「アンナチュラル」の動画を配信しているサービスの中でおすすめは無料視聴ができるParavi


動画配信サービスにおけるドラマ「アンナチュラル」の配信状況を見てみましょう。
(○=見放題、△=有料レンタル、×=未配信)

Paravi
Hulu
U-NEXT
dTV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット
TSUTAYA TV

いくつかのサービスで配信されていますが、全話無料で視聴できるのは上の表の通りParavi(パラビ)だけです。

Paravi以外のサービスは有料でのレンタルとなってしまいますので、ドラマ「アンナチュラル」はParaviで視聴するのが最もおすすめです。

Paraviでは、ドラマ「アンナチュラル」のほか、アンナチュラル主演の石原さとみ出演作品「恋」「ビー・バップ・ハイスクール1~2」「Heaven?~ご苦楽レストラン~」なども見放題で配信中です。

Paraviは初回登録から2週間はサービスを無料で利用できます。

2週間以内に解約すれば、料金は全くかかりませんし、登録・解約手続きはとても簡単です。

ぜひ登録してみてください。

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

Paravi(パラビ)のドラマ充実度が凄い!メリット多数!

Paravi(パラビ)は国内の主要メディアが連携して誕生した動画配信サービスで、月額1,017円(税込)(※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です)でほとんどの配信作品を見放題で視聴することができます。

配信作品は、ドラマ、映画、アニメ、バラエティ、ビジネスなど多岐にわたりますが、特に国内ドラマの配信数は業界トップクラスです。

Paraviで配信中の人気ドラマ(一例)

国内の人気ドラマはもちろん、地上波では放送されていないWOWOWドラマやParaviでしか見ることのできないスピンオフドラマなど、ドラマ好きなら見てみたい作品がたくさん配信されています。

Paraviで配信中のWOWOWドラマ(一例)

石原さとみ出演作品「恋」「ビー・バップ・ハイスクール1~2」「Heaven?~ご苦楽レストラン~」なども見放題で配信中です。

とにかく様々なジャンルの人気ドラマが配信されていますので、ドラマ好きにとって大満足なサービスと言えます。

最後にParaviのメリットを以下にまとめてみました。

Paravi(パラビ)のメリットまとめ

ドラマ「アンナチュラル」をはじめ、配信中の多くの作品が見放題
国内ドラマ配信数が非常に多く、独占配信も多数
WOWOWドラマやスピンオフドラマも配信中
無料お試し期間が2週間あり、解約はいつでも可能
毎月500円分の優待チケットがもらえるので、有料コンテンツも楽しめる
ダウンロード機能があるので、オフラインでも楽しめる
再生速度の変更が可能

Paraviを利用すれば、ドラマ「アンナチュラル」を全話見放題で無料視聴できます。

初回登録後はお試し期間が2週間もありますので、無料でサービスをたっぷり楽しむことができます。

登録・解約手続きはとても簡単ですので、この機会にぜひお試しください。

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※2020年2月2日時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトでご確認ください。

動画共有サイトでの視聴は危険なのでおすすめはできません

動画共有サイトでドラマ「アンナチュラル」が配信されている場合があるかもしれません。

しかし、そういったサイトは違法アップロードサイトですので、次のデメリットがあります。

・画質や音質が悪い
・広告が多くてストレスが溜まる
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全話見ることができない
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

安全かつ高画質でドラマ「アンナチュラル」を視聴するなら、公式サービスであるParavi(パラビ)をおすすめします。

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

ドラマ「アンナチュラル」作品情報

主題歌 米津玄師 MV「Lemon」

全体のあらすじ概要

本作は、設立して2年弱の不自然死究明研究所(英:Unnatural Death Investigation Laboratory)= 通称UDIラボという架空の研究機関(公益財団法人)を舞台に展開する。UDIラボとは、日本における不自然死(アンナチュラル・デス)の8割以上が解剖されないままという先進国の中で最低の水準という解剖率の状態を改善するために設立され、国の認可を受け全国初の死因究明に特化した調査を行い、警察や自治体から依頼された年間約400体の遺体を解剖しているという設定である。ここに勤める法医解剖医の三澄ミコトを中心に、ベテラン法医解剖医の中堂系、三澄班臨床検査技師の東海林夕子、三澄班記録員の久部六郎、所長の神倉保夫らが協力し合いつつ、毎回さまざまな「死」を扱いながら、その裏側にある謎や事件を解明していく。

各回の事件と並行して、物語では一家心中事件の生き残りであるミコトの生い立ちや、中堂の恋人・糀谷夕希子が殺害された未解決事件が連続殺人である可能性が浮かび上がる。重い過去にとらわれ時に倫理を逸脱する行動に走る中堂に対し、ミコトは問題の事件解決に協力して彼を止めようとする。やがて判明する26人もの女性を手に掛けた連続殺人犯は、殺人の証拠が存在しないことを盾に罪を逃れようとする。UDIラボの面々は組織存続を賭けてそれを追求し、最終的に勝利を収める。危機を脱したUDIラボは、大切な人を亡くしながらその後も生きる人々の未来のため、この世の「不条理な死」と戦い続けてゆく。

参照:「アンナチュラル」Wikipedia

キャスト

・石原さとみ
・井浦新
・窪田正孝
・市川実日子
・飯尾和樹
・松重豊
ほか

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

あらすじ1話~最終回

1話あらすじ

法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)=通称UDIラボでは、東京都23区外、西武蔵野市を中心に、全国津々浦々で発見された異状死体や犯罪死体を引き受けている。警察や自治体から依頼されて運ばれてくる遺体は年間約400体。その遺体を解剖し、死因を究明するのが、ミコトたちUDIラボの仕事だ。
UDIラボには、三澄班と中堂班の2チームが存在する。三澄班は執刀医のミコト、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、記録員の久部六郎(窪田正孝)。中堂班は法医解剖医の中堂系(井浦新)、臨床検査技師の坂本誠(飯尾和樹)。そして、それらの個性的なメンバーを束ねるのが所長の神倉保夫(松重豊)だ。

そんなある日、中年夫婦がUDIを訪ねてきた。一人暮らしで突然死した息子・高野島渡の死因に納得がいかないという。警察医の見立ては「虚血性心疾患」(心不全)。しかし息子は、まだまだ若く、山登りが趣味だというぐらい身体も丈夫で元気だった。心不全という死因は、素人目にも、あまりにも不自然だ。なにか、ほかの原因があるのではないか。夫婦はもっときちんと死因を調べてくれるようにと警察に頼んだが、事件性も不審な点もないと、剣もほろろに断られてしまった、という。

ミコトたちは、さっそく、解剖に取り掛かった。すると心臓にはなんの異状もなく、代わりに、急性腎不全の症状が見つかる。
ミコトたちは、薬毒物死を疑い、詳細な検査にかけるが、死因となった毒物が何かがどうしても特定できない。
そんな折、高野島と一緒に仕事をしていた若い女性同僚が、高野島が亡くなった翌日に、原因不明の突然死を遂げていたことが判明する。

死因を究明すべく高野島のアパートでミコト、六郎、東海林が調査をしていると、高野島の遺体の第一発見者でもある婚約者・馬場路子が現れる。
馬場の仕事は、なんと劇薬毒物製品の開発。
馬場が、もしまだ誰も知らない未知の毒物、すなわち「名前のない毒」を開発していたとしたら……。既存の毒物と比較検出するだけの、現在の毒物鑑定システムでは、「名前のない毒」を検出できない。すなわち、完全犯罪が成立する。
「高野島が死んだときの私のアリバイ?いいえ。一人で自宅にいたのでアリバイはありません」
悠然と微笑む馬場路子に、ミコトたちはどう立ち向かうのか?

参照:アンナチュラル公式サイト

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

2話あらすじ

ミコト(石原さとみ)らUDIメンバーは警察の依頼により、集団練炭自殺の現場に出向く。
そこには4人の遺体があり、刑事の毛利(大倉孝二)は事件性がないと主張するが、ミコトは解剖することを決める。
解剖の結果、3人は一酸化炭素中毒で自殺と断定された。ところが、ひとりの少女の死因は“凍死”であることが判明。さらにその少女の胃の中から、解読不可能なダイイングメッセージが発見される。間違いなく事件であると確信したミコト、六郎(窪田正孝)らUDIメンバーは、所長の神倉(松重豊)に止められながらも、身元不明の少女が残したメッセージの意味を必死で解読しようとする。そんな中、ある理由から突然ミコトは六郎を温泉に誘う。温泉地へと向かったミコトと六郎は、驚くべき事実を突き止める。

だが、そんな2人を絶体絶命のピンチが襲う!!
集団自殺に見せかけた事件の真相とは一体?

参照:アンナチュラル公式サイト

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

3話あらすじ

ミコト(石原さとみ)は半年前に発生した“主婦ブロガー殺人事件”の裁判に、代理証人として出廷することになる。被告は被害者の夫の要一(温水洋一)。殺害の動機は、妻からの精神的DVによるものだと罪を認めていた。しかし裁判で証拠として提出された包丁が本当の凶器ではないことに気づいたミコトは、凶器の矛盾を指摘。それを聞いた被告の要一も、一転して無実を主張する。

裁判は大混乱になり、検事の烏田(吹越満)はミコトに激怒。検察を敵に回すと警察庁からUDIへの補助金にも影響があるのではと所長の神倉(松重豊)が心配する中、ミコトは事件の真実を明らかにするため再び法廷に立つことを決意する。白いものをも黒くするという異名をとる有罪率99.9%のやり手検事とミコトの法廷バトルが始まる!

参照:アンナチュラル公式サイト

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

4話あらすじ

ある日、ミコト(石原さとみ)の母であり、弁護士の夏代(薬師丸ひろ子)がUDIに解剖の依頼にやってきた。バイク事故によって、若くして亡くなった佐野(坪倉由幸)の死因を究明してほしいという。
佐野には妻と子供が2人いたが、バイクの任意保険が切れていた上に生命保険にも加入していなかった。子供2人を抱えて途方に暮れる妻・可奈子(戸田菜穂)を助けるべく、夏代がUDIに連れてきたのだ。

佐野が事故を起こした原因として考えられるのは3つ。
①佐野が勤めていた工場の長時間労働による過労
②乗っていたバイクの修理ミス
③かかりつけ医師による病気の見落とし
死因次第で責任の所在が変わるため、死因究明は遺された家族にとっては重要な問題となる。また、疑いをかけられた勤め先の工場長、バイク屋の店長、病院の弁護士がUDIにやってきて、醜い責任の押し付け合いをし始める。
中立公正な立場にあるミコトたちは解剖に取り掛かるが、佐野の意外な死因を発見してしまうことに…。果たして、UDIは遺された家族を救うことができるのか?!

その一方、UDIに『お前のしたことは消えない、裁きを受けろ』と書かれた脅迫状が届く。中堂(井浦新)は自分に宛てられたものだと言うが…。
葬儀屋の木林(竜星涼)を使って怪しい動きをしている中堂の秘密がついに明らかになる…!?

参照:アンナチュラル公式サイト

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

5話あらすじ

坂本(飯尾和樹)が辞めたことで、人材不足となったUDI。そのため、しばらくの間、中堂(井浦新)はミコト(石原さとみ)が率いる三澄班のサポートをすることに。
そんなある日、鈴木巧(泉澤祐希)という人物が、UDIに溺死した妻の解剖を依頼しにやって来る。海に飛び込むところを目撃した人がいたため警察は自殺と判断したが、妻が自殺などするはずないという鈴木は、青森からはるばるUDIを訪ねてきたという。

早速、解剖に取り掛かるミコトたちだったが、葬儀社の木林(竜星涼)が血相を変えてUDIへやって来る。
なんと、鈴木が持ち込んだのは葬儀場から盗んだ遺体だったのだ。
つまり執刀医のミコトは、死体損壊罪という大罪を犯していたことに…。
遺体を盗んでまでUDIに解剖を依頼した鈴木の目的とは一体何なのか?

参照:アンナチュラル公式サイト

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

6話あらすじ

高級ジム主催の合コンパーティーに参加した東海林(市川実日子)は、翌朝見覚えのないホテルのベッドで目を覚ます。
隣を見ると、昨夜のパーティーに参加していた権田原(岩永洋昭)が死んでいた…!!
混乱した東海林は、ミコト(石原さとみ)をホテルに呼び出す。ミコトが詳しい状況を聞こうとするも、東海林は店を出た後の記憶がまったくないという。
そんな中、ミコトは権田原の遺体を見てあることに気づく…。

一方UDIでは、中堂(井浦新)と六郎(窪田正孝)が道端で突然死した男性の解剖を行っていた。
偶然にも、その男性と権田原の意外なつながりが判明。
警察は連続殺人事件とみて捜査を始めるが、容疑者として疑われているのは東海林だった…。
中堂は『警察の任意同行に応じると殺人犯にされる』と東海林に逃げるよう促す。

ミコトらUDIメンバーは、東海林の容疑を晴らすべく死因究明に奔走する。

参照:アンナチュラル公式サイト

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

7話あらすじ

ある日、ミコト(石原さとみ)の携帯に「これを見たら電話をください」と謎のリンクアドレスが貼られたメールが届く。差出人は、予備校で働く弟・秋彦(小笠原海)から紹介された法医学に興味を持つ高校1年の男子生徒だ。
ミコトがアドレスをクリックすると、「殺人者S」と名乗る学生が、自分が殺したというYの遺体を「殺人実況生中継」としてライブ配信していた!!
殺人者Sはミコトに対し、「Yくんの死因はなんでしょう?」と挑戦状を叩きつける。
もし答えを間違えたら、人質になっているXも殺すという…!
中堂(井浦新)は挑発に乗るなと止めるが、ミコトはSの勝負に乗ることに。
しかし、ライブ配信で映し出される映像しか死因を特定するヒントはない。果たしてミコトは、遠隔診断でYの死因にたどり着けるのか!?

法医学者VS殺人者Sの勝負の結末は?
衝撃の事件には隠された秘密があった…。

参照:アンナチュラル公式サイト

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

8話あらすじ

雑居ビルで火災が発生し、UDIに10体もの焼死体が運ばれてくることに。遺体は黒く焼けこげていて、全員が身元不明の状態。ミコト(石原さとみ)、中堂(井浦新)らUDIメンバーは、ヘルプとして来た坂本(飯尾和樹)の手も借りながら次々と解剖を進めていくが、身元判明は困難を極める。

一方で、神倉(松重豊)は将棋の師匠として慕っているごみ屋敷の主人(ミッキー・カーチス)の元を訪ねていた。彼の妻は1年半前に亡くなりUDIで解剖されたが、今も死を受け入れられずにお骨の引き取りを拒否しているのだった…。

解剖の結果、ミコトは9番目の遺体が焼死する前に後頭部を殴られていた可能性があると指摘。腰にはロープで縛られていたような皮下出血も見つかり、単なる火災ではなく殺人を隠すための放火だったのか…?と疑念を抱く。
また火災現場で唯一助かった男がいることも判明。その男が入院していたのは、六郎(窪田正孝)の父・俊哉(伊武雅刀)が勤める病院だった。俊哉はUDIを訪ねてきて、男の病状を伝えるとともに、息子を解雇してほしいと申し出る…!!

参照:アンナチュラル公式サイト

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

9話あらすじ

空き家に置かれたスーツケースの中から若い女性の遺体が発見された。
ミコト(石原さとみ)が遺体を確認すると、中堂(井浦新)の死んだ恋人・夕希子(橋本真実)と同じ“赤い金魚”の印が口内から見つかったーー!
“赤い金魚”が口の中に残されていたご遺体は、夕希子を含め過去に3体。
UDIは“赤い金魚”のあるご遺体は、同じ犯人によって殺された可能性が高いと毛利刑事(大倉孝二)に訴えるが、正式な証拠がないと訴えを却下される。
それでもミコトたちは犯人に繋がるヒントを見つけるため、スーツケースの中から見つかった女性を解剖し死因究明を進める。
ミコトは胃の内容物が、強烈な腐敗臭を放っていることに違和感を覚える。果たして女性の死因とは何なのか…?

その一方で、神倉(松重豊)は過去に週刊ジャーナルに掲載されたUDI関連の記事を見て、ある疑念を抱く…。
さらに警察庁を訪れた神倉は、驚くべき記事を目にすることに…!

そしてミコトと中堂は、とある証拠を発見し事件は急展開を迎える!
中堂の恋人を殺した犯人はいったい誰なのか!?

参照:アンナチュラル公式サイト

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

10話(最終回)あらすじ

中堂(井浦新)の恋人・夕希子(橋本真実)をはじめ、複数の女性を殺害した疑いのある高瀬(尾上寛之)が警察に出頭。
しかし、遺体損壊は認めたものの肝心の殺害については否定する。殺人を立証できる証拠もなく、ミコト(石原さとみ)たちは歯がゆさを感じながらも、高瀬を殺人罪で裁くため検証を続ける。

そんな中、六郎(窪田正孝)がUDIの情報を週刊誌にうっていたことがメンバーに知られ、UDIに崩壊の危機が訪れる…!赤い金魚殺人事件の全容がついに明かされる最終話!10分枠大スペシャル!

参照:アンナチュラル公式サイト

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声(ネタバレあり)

見どころ

このドラマの最大の見どころはやっぱり米津玄師さんの歌う主題歌、「Lemon」ですね。

毎週めちゃくちゃ良いタイミングで曲がかかり、それによって物語に対する感動も倍増します。

その素晴らしい相乗効果はドラマを高視聴率に、米津玄師さんも紅白に導いたほどなので、まだ見ていない方はぜひ一度これを味わってほしいです。
(30代男性)

遺体と真剣に向き合うミコトの姿は毎回見どころでした。

ミコトの人に対して真剣に向き合ってくれている姿を見て、自分の存在価値をきちんと見ている人がいる一人はいるという支えになりました。

また、遺体となってしまった人の言えない言葉を代弁するミコトの姿も見どころ涙なしでは見れません。

ミコトの感情に寄り添うように米津玄師のlemonが流れてくると、ミコトに自分を重ね、より感情移入ができました。

コミカルな同僚とのやり取りもありますが、それがミコトの心の安らぎの時間となっており、重い内容が続いていく中で、同僚たちとの笑顔が見れるシーンはホッとできるところであり、見どころでした。
(30代女性)

何と言っても、魅力的な俳優陣が素晴らしい脚本によって演じられる、演技のアンサンブルです。

また、劇中の事件も実際の事件をかなり彷彿とさせるものがあり、ゾクゾクしました。

ひょんな軽口から事件解決の糸口になるところも不自然ではなく、本当に続編が見たい、そして未見の人が羨ましいです。
(40代女性)

遺された遺族や、死因究明をする主人公達の姿を見て今こうして現実を生きているわたし達は幸せだと感じました。

毎日が上手くいくわけでもなく、嫌なことだってたまにあるけれど 死んでしまったら何も出来ないのです。

そんなことを考えながらみていました。
(20代女性)

法医解剖医の三澄ミコトは不自然死究明研究所、UDIラボで働いています。

ミコト自身も、家族が自殺した中で自分はなぜ生き残ったのかという悲しみと謎を抱え、また同僚である中堂もまた、なぜ愛する女性が死体となり彼の解剖室に運ばれてきたのかという謎を抱えたまま、警察や自治体から依頼されて運ばれてくる遺体の不条理な死に至った死者たちに寄り添い謎を解明していきます。

中堂が愛する女性の死を解明していき、犯人を見つけ出す物語や、また不条理な死や不自然な死をめぐる死者たちの物語だけでなく、そこに遺された人々の悲しみやどうにもできない心をこの物語では描きます。
(40代女性)

さらに見る

井浦新さんのキャラクターが独特で見ごたえ十分です。

石原さとみさんが解剖医という新たな役に挑戦しているのも面白いですが、井浦新さんと石原さとみさんの本気のぶつかり合いが今までない石原さとみさんを見れると思います。

最後に、今は大人気の窪田正孝さんの初々しい演技が見れるのもお勧めです。
(30代男性)

紅白でも話題になりましたが、米津玄師さんが歌う主題歌が見どころです。

心を掴まれるような米津さんの声が、ドラマの雰囲気と見事にマッチしています。

話の最後に主題歌が流れたときには感動せずにはいられません。
(20代女性)

人の死には、必ず理由があります。

それがどんな理由で、どのような状況で死んでいったにせよ、身近な人にとってはどうしても解明してほしいと思うものだと思います。

見どころはやはり、毎回繰り広げられる死の真相を暴く場面です。

様々な人間ドラマがぎゅっと詰まった、内容の濃いドラマです。
(30代女性)

見所は、まずミコトたちを取り巻く個性的な人々が織りなす人間ドラマです。

それぞれが誇りを持って自分の使命を全うし、理不尽な死に向かう様子に見ている私たちが勇気をもらえます。

次に専門的でありながら、素人にもわかりやすく描かれる法医学の世界です。

登場人物たちが死因について色々な考察をしている場面では現役医学生の六郎がちょくちょく解説を挟んでくれるので、法医学に興味のない人でも面白いと思えると思います。

生きるということ、死ぬということを身近に感じて、今日を精一杯生きようと思わせてくれるドラマです。
(20代女性)

アンナチュラルは、死因を究明するドラマではありますが、それ以上に亡くなった方の人生に焦点を当てているドラマです。

そして、一人一人命を大切にしなければいけないと言われているようなドラマでした。

アンナチュラルは、人生を考えさせられる本当に素晴らしいドラマなので、ぜひ沢山の方に見て頂きたいです。
(30代女性)

感想

「アンナチュラル」――不自然な死を遂げた者の遺体を解剖し、その死の真相を探っていく医療ミステリードラマです。

不自然なだけあって毎週なかなか難しい推理に挑戦していく事になり、その謎が解き明かされた時の快感は堪りませんでした。

各話で描かれる短編ミステリーも見応えがありましたが、1クール通して少しずつ進展していく「赤い金魚」の痕が残された遺体の謎が面白かったです。

これを熱心に追いかける解剖医・中堂もまた面白いキャラクターをしていて、普段何を考えているのか分からない彼と赤い金魚の接点もドラマの謎の一つでした。

この金魚の事件はドラマ終盤でいよいよ本格的に取り上げられていくのですが、その正体が分かってからの展開は本当に衝撃的でした。

アンナチュラルな遺体の背景には、これまた普通の感覚では理解しきれない恐ろしい狂気が潜んでいて……。

これから観る人達は、自分もそんな非常識な犯人達との推理対決に挑むつもりで楽しんでみてほしいですね。
(30代男性)

不自然な死を解明するための法医解剖医の石原さとみさん演じるミコトが、毎回運ばれる遺体と向き合っていく姿に生きることへの思いを強く感じました。

遺体と向き合う中で、その人の想いや残された家族の想いなど、様々な感情が入り混じる中で、生きていくことの大切さや命の尊さを毎回学べるストーリーとなっており、不自然死と至った原因に胸が苦しくなり、家族の想いに涙し、人は決して一人ではないと思えました。

解明されることすべてが良い結果に繋がるわけではなく、結果が分かったことで新たな犯罪を生んでしまったケースもありました。

妻を殺した相手を刺してしまった夫に対し、「思いを遂げられて本望だろう」という井浦新さん演じる中堂の言葉には重みがあり、もし自分だったらと考えたとき、どんな対応をとったのだろうと命について改めて考えさせられる内容となっていました。

また、中堂も恋人を殺された経験から同じ境遇の被害者の寄り添った気持ちということが後々分かり、簡単にその人の言葉を否定してはいけない思わされたセリフでした。

普段何気なく生活している中で、何もなく一日を終えれることがどれだけ幸せなことか、幸せの定義を改めて実感できるドラマでした。
(30代女性)

まずは舞台となっている検死官の世界がとても興味深かったです。

とても小さな痛いの傷や損傷の状況、また現場から残されたヒントでどういう死が訪れたのかを探っていく推理ものとして、一級の面白さがありました。

また、主演の石原さとみは「校閲ガール」などでも思ったのですが、可愛らしいルックスをストレートに活かすより、職業ものドラマの方がしっくりくるような気がします。

今回もプロ意識を持ちつつ、仕事なのできっちり軽口なども叩きながら挑む姿が非常に魅力的で、共演者の井浦新、窪田正孝、松重豊、市川実日子などと織りなす演技のアンサンブルが素晴らしく、職場の人たちのおしゃべりシーンだけでも延々と見続けたい魅力がありました。

脚本の野木亜紀子の力もとても大きく、最初から最後までを貫く一本の大きなテーマと、毎回完結する一話完結のドラマが見事に組み合わさって、一話を見てスッキリするも、大きな謎もきになるので毎回見てしまう、という幸せなサイクルができていました。
(40代女性)

主人公達はそれぞれ色んなことを抱えながら、日々やってくる不自然な死に方をした遺体と向き合いメスを握っています。

ある過去を抱える者、恋人の死の真相を追いかける者、マスコミのスパイをしながらここにいる者など、それぞれ抱えるものの違う個性的なメンバーが集まっています。

葬儀屋さんも個性的です。個人的にこの葬儀屋さんが好きでした。

主人公は死因究明のスペシャリストである解剖医です。

ここにやってくる遺体は死因が分からない遺体ですが、そんな遺体に隠された真実を見つけるのが彼らです。

今現在日本にこういった死因究明のための施設は無いと思うのですが、もし自分の大切な人が死因も分からないままだとしたら悲しくもありますが、その死の真実を知りたいと思うと思います。

死の真相を究明するために一生懸命に動いてくれる主人公達の姿に感動します。

ドラマを見ながら、こんな施設が本当にあればいいのにと思いました。

ドラマだからこそできることとは思うけれど、世界観のリアルさに本当こんな施設があるのではと錯覚もしました。
(20代女性)

このドラマでの一番のポイントは、ミコトの同僚である中堂が、愛する女性の死を解明していく姿だと思います。

中堂の解剖室に運びこまれてくる愛する彼女の顔を見た時の中堂の絶望感と、覚悟は、涙が出てきました。

米津玄師が歌う主題歌とリンクされる中堂の切なすぎる心情が、視聴者の心をつかんだと思います。

主人公である三澄ミコトの過去を知らない仲間、知っている仲間、そしてミコトを支える新しい家族たち。

人間の人の心の繋がりが、細やかに描かれたドラマだと思いました。

そんな切なく悲しみが溢れるストーリーの中で、お茶目な刑事や、同僚同士の友情や絆が、散りばめられたステキな作品だと思いました。

法医学ミステリーとの分類になりますが、人間ドラマだと思います。

犯人を見つけ出しても、犯人を見つけ復習したとしても、愛する人はもう戻ることはない。

死んだ人は生き返らないし、きれいな花にもならないと、わかっている中堂の切ない気持ち、でも解明したい中堂の気持ち。

人の気持ちは簡単な言葉では表現できないと痛感するドラマでした。

切ないだけでなく、明るい光に向かって前に進み、成長していく姿を描いているドラマだと思いました。
(40代女性)

さらに見る

出演者のキャラクターがそれぞれ立っていて非常に面白かったと思います。

UDIラボという架空の組織ですが司法解剖を行う民間団体という事で、毎回特殊な遺体を解剖して死因を追求するというストーリーでしたが、毎回素晴らしいミステリー要素があり謎を解く内容が非常に面白かったです。

全体としても井浦新さんの奥さんの過去の事件を追いかえるミステリーがあり非常に見ごたえがあるストーリーでした。

石原さとみさんと井浦新さんという解剖委どうしでの考え方のぶつかり方や、市川実日子さんという助手の立場でありながら石原さとみさんの良い友人としてのキャラ立ちがよかったです。

そして、窪田正孝さんが小遣い稼ぎの為に、UDIラボに潜入して雑誌に情報を提供していたなど本当に出演者それぞれがそれぞれの立場であらゆるストーリーがあり謎が多かったです。

最終的には、井浦新さんの8年越しの事件も解決してハッピーエンドを迎えましたが人の死は深いと思わせるドラマでした。
(30代男性)

法医解剖を題材にされている作品は色々ありますが、その中でも1番といっていいほどのドラマだと思います。

ストーリー自体もとても面白いですし、演じる俳優さんたちがそれぞれの役にぴったりでした。

特に、主人公のミコトを演じられた石原さとみさんははまり役でした。

「アンナチュラル」が放送されていた時期に近いとき、石原さとみさんが主役のドラマはいくつかありました。

どちらかと言うと明るくて周りを巻き込むような役柄が多かったです。

でも「アンナチュラル」では、過去に事件に巻き込まれたことで、目で起こることには一生懸命でも自分の人生に対しては一歩引いているような役でした。

闇を抱えたそのような役を、見事演じられていて涙なしには見れませんでした。

真面目な場面もありますが、同じく解剖医の中堂(井浦新)とミコトのやり取りなど笑えるシーンもあり、最終話まで大満足の作品です。

特に最終話での事件の解明は、かなり見応えがあります。
(20代女性)

法医解剖医たちが集うラボがドラマの舞台です。

運ばれてきた遺体を司法解剖し、それによって見つかった不可解な点を徹底的に調べ上げ、不審死の真相を暴くというのが主な内容でした。

しかし、回を重ねるごとに徐々に明らかになっていくのが、中堂先生の元恋人であるユキコの不審死についてでした。

中堂先生はあまり仕事熱心ではなく、ミコトと何度も対立しますが、「必ず解明したい真実」のために一生懸命になっている姿は、見ていてグッときました。

口の中に赤い金魚のような痣を残して死んでいったユキコの、死の真相と殺害犯が分かった時には、つい感情移入してしまい身震いしたほどです。

「人の死」という、尊くも重たいテーマを扱っている作品なのですが、登場人物たちの個性的なキャラクターに助けられ、あまり深刻な作品にはなっていません。

伏線は様々ありましたが、基本的に1話完結ですので視聴しやすく、謎解きを楽しむ感じで見ることができました。
(30代女性)

病に侵された人間を救う医学ではなく、すでに亡くなった人間を救う法医学を扱った人間ドラマです。

石原さとみさん演じる主人公のミコトが、理不尽な死に立ち向かっていく様子を見るのが毎週楽しみでした。

死者の名誉のため、事件解決のため、遺族の心の癒すために奮闘するUDIラボのみんなが知恵を絞って奮闘する姿を見ていると、自分も今から猛勉強して医者になりたい、と思うほどの熱意を感じました。

ミコトの同僚である中堂系は人当たりは最悪ですが、恋人の糀谷夕希子の不自然な死を追い続ける一途な法医学者として描かれています。

また、ミコトと六郎と東海林3人のやりとりを見ていると、とても面白くシリアスなドラマの一息になっていました。

そんなみんなの弟的な存在の六郎がキーパーソンとなって動いていく、糀谷夕希子の殺人事件は毎話少しずつ謎が明らかになっていき、本当に毎週楽しみにしていました。

過去に辛い思いをしたことのあるミコトが、辛い事件、層にもならない理不尽な死に直面したとき、黙々とご飯やバナナを食べる様子は、日々死と向き合っているミコトが生きるために食べる、という普段忘れがちな事実を突きつけているようなシーンでとても印象に残っています。
(20代女性)

「アンナチュラル」は石原さとみが主演ではありますが、不自然な死に直面した方が、本当の意味で主役に感じるドラマでした。

アンナチュラルは、法医解剖医の石原さとみさんが、不自然な死に直面した遺体を前に、事故なのか事件だったのかを真剣に解明しようとする胸が熱くなるドラマです。

どんな遺体であっても、一人一人に人生があり、悲しむ人がいることをこのドラマで痛感しました。

亡くなった方が無念だっただろうと思いながらも、残された方の人生を考えてしまいました。

石原さとみさんは、残された人に向けても、亡くなった方の最後の瞬間を教えてあげようとする気持ちが強かったと思います。

主題歌「Lemon」も素晴らしく、このドラマが伝えたい全てを代弁しているかのような歌詞でした。

アンナチュラルを見て、死因究明の大切さを理解できた気がします。

奥が深過ぎるドラマでしたが、見終わった後も余韻が残り、本当に見て良かったと思える素晴らしいドラマでした。
(30代女性)

まとめ!ドラマ「アンナチュラル」の動画はParaviで全話無料視聴しよう!

ドラマ「アンナチュラル」はParaviで全話無料で視聴できます。

Paravi(パラビ)のメリットまとめ

ドラマ「アンナチュラル」をはじめ、配信中の多くの作品が見放題
国内ドラマ配信数が非常に多く、独占配信も多数
WOWOWドラマやスピンオフドラマも配信中
無料お試し期間が2週間あり、解約はいつでも可能
毎月500円分の優待チケットがもらえるので、有料コンテンツも楽しめる
ダウンロード機能があるので、オフラインでも楽しめる
再生速度の変更が可能

Paraviは2週間のお試し期間中に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単ですので、ぜひお試しください。

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

◆ドラマを無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)