ドラマ動画(無料視聴方法)

【動画配信】「渡る世間は鬼ばかり(渡鬼)」シリーズを全話無料で視聴する方法は?過去シリーズ一気見ができるのはパラビ!

こちらでは、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり(渡鬼・わたおに)」シリーズの動画を全話無料で視聴できるサービスを紹介しています。

ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズは、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで全シリーズ(第1~第4シリーズ)と過去SP版を無料で視聴することが可能です。

Paraviに登録すると2週間のお試し期間となるので、お試し期間中に視聴してから解約すればお金は全くかかりません。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズの動画を配信しているサービスの中でおすすめは全シリーズの無料視聴ができるParavi

動画配信サービスにおけるドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズの配信状況を見てみましょう。

Paravi第1~第4シリーズと過去SP版が多数見放題
Hulu第1シリーズが見放題
U-NEXT未配信
dTV未配信
FODプレミアム未配信
ビデオパス未配信
amazonプライム第1シリーズ、2018年SPともにレンタル
ビデオマーケット第1シリーズ、2018年SPともにレンタル
TSUTAYA TV第1シリーズが見放題、2018年SPがレンタル

いくつかのサービスで配信されていますが、これまでの全シリーズ(第1~第4)や過去のSP版を無料で視聴できるのはParavi(パラビ)だけです。

Paravi以外のサービスは、一部の配信や有料でのレンタルとなってしまいますので、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズはParaviで視聴するのが最もおすすめです。

Paraviは初回登録から2週間はサービスを無料で利用できます。

2週間以内に解約すれば、料金は全くかかりませんし、登録・解約手続きはとても簡単です。

ぜひ登録してみてください。

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

Paravi(パラビ)のドラマ充実度が凄い!メリット多数!

Paravi(パラビ)は国内の主要メディアが連携して誕生した動画配信サービスで、月額1,017円(税込)(※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です)でほとんどの配信作品を見放題で視聴することができます。

配信作品は、ドラマ、映画、アニメ、バラエティ、ビジネスなど多岐にわたりますが、特に国内ドラマの配信数は業界トップクラスです。

Paraviで配信中の人気ドラマ(一例)

国内の人気ドラマはもちろん、地上波では放送されていないWOWOWドラマやParaviでしか見ることのできないスピンオフドラマなど、ドラマ好きなら見てみたい作品がたくさん配信されています。

Paraviで配信中のWOWOWドラマ(一例)

そして、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズは全シリーズ(第1~第4シリーズ)と過去のSP版が配信されています。

上記(全シリーズとSP版)はすべて見放題作品なので、一切お金を払わずに視聴することができます。

Paraviではほかにも、とにかく様々なジャンルの人気ドラマが配信されていますので、ドラマ好きにとって大満足なサービスと言えます。

最後にParaviのメリットを以下にまとめてみました。

Paravi(パラビ)のメリットまとめ

ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズをはじめ、配信中の多くの作品が見放題
国内ドラマ配信数が非常に多く、独占配信も多数
WOWOWドラマやスピンオフドラマも配信中
無料お試し期間が2週間あり、解約はいつでも可能
毎月500円分の優待チケットがもらえるので、有料コンテンツも楽しめる
ダウンロード機能があるので、オフラインでも楽しめる
再生速度の変更が可能

Paraviを利用すれば、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の全シリーズ(第1~第4シリーズ)や過去のSP版を見放題で無料視聴できます。

初回登録後はお試し期間が2週間もありますので、無料でサービスをたっぷり楽しむことができます。

もしお試し期間中に解約を忘れてしまっても、月額1,017円(税込)(※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です)ですのでそれほど高いわけではありません。

登録・解約手続きはとても簡単ですので、この機会にぜひお試しください。

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※2019年12月時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトでご確認ください。

動画共有サイトでの視聴は危険なのでおすすめはできません

動画共有サイトでドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズが配信されている場合があるかもしれません。

しかし、そういったサイトは違法アップロードサイトですので、次のデメリットがあります。

・画質や音質が悪い
・広告が多くてストレスが溜まる
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全話見ることができない
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに高画質でドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズを視聴するなら、公式サービスであるParavi(パラビ)をおすすめします。

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズ作品情報

主題歌MV

作品概要

『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』は、毎週木曜日21時 – 21時54分に、TBS系の「木曜21時」枠で放送された日本のテレビドラマシリーズ。

1990年から2011年までシリーズとして断続的に制作・放送された。連続ドラマ終了後は、1 – 2年に1回のペースでスペシャルが放送されている。全10シリーズで、通算放送回数は511回(最終シリーズ後のスペシャルも含む)。

参照:渡る世間は鬼ばかりWikipedia

あらすじ

お食事処「おかくら」を経営する岡倉大吉・節子夫婦には5人の娘がいる。上から順に、3月生まれの弥生、5月生まれの五月、7月生まれの文子、8月生まれの葉子、9月生まれの長子。弥生は夫や子供達に手を焼き、五月は姑や小姑からのいびりに悩まされ、文子は病気の姑の面倒を見た後離婚・復縁、葉子は仕事優先でなかなか男性と落ち着かず、末娘の長子は口うるさい姑にも好き放題言い返す奔放な性格。この5人が次から次へと悩みを抱えては大吉の元に相談に来る。妻の節子を亡くして以来、1人で娘達の世話に追われている大吉であるが、ぶつぶつ文句を言いながらも実は娘達が大好きでなかなか子離れができない面もある。また逆に娘達も父親が大好きでお互い忙しい時間を割いて岡倉家に集まっては一緒に食事をしたりするほどの仲。そしてそれぞれ不満を抱えながらも、自分の家族も大切にしているのである。

参照:渡る世間は鬼ばかりWikipedia

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声


見どころ

見どころを見る

見所としては、家族問題をきちんと捉えているので共感ができるという部分だと思います。

特に今で言うと親の今後の健康の問題は共感ができると思います。また、演者さんの素晴らしさやキャラクターの描き方も魅力の1つです。
(20代男性)

「渡る世間は鬼ばかり」というドラマは、描かれていることがリアルなのです。

現実のいろいろな家庭で起きそうなトラブル、出来事を描いており、共感しやすい内容になっていると思います。

ドラマには思えないドラマといった部分が渡る世間は鬼ばかりの特徴であり、見どころなんだと思います。
(30代男性)

どこにでも存在しそうな親近感の湧く家族のお話ですのでほっこりとした気持ちで見れます。

時代が変わっても変わらない橋田ワールドが楽しめて最近のドラマではなかなか見れない家族物語です。

疲れたときに、元気をもらいたいときに、軽い気持ちで見たいときにとどんな時でも安心して楽しめる内容です。
(30代女性)

人間関係が錯綜していて、複雑なことだと思います。

このドラマを観ると、ある意味うんざりし過ぎて、現実の方が相当マシだと思うので、逆説的ではありますが、観ている人を元気づけることができるのではないでしょうか。
(40代女性)

渡る世間は鬼ばかりの見どころ、それは何といっても親密な親類関係が作り出す濃密でドロドロとした人間関係でしょう。

五人姉妹それぞれ事情は違いますが、嫁ぎ先や自身の仕事で悩み、けれど「おかくら」という五人姉妹の帰る場所があるのはいいなあと思っていました。
(30代女性)

2019年9月に放送された内容が今までで一番良かったです。

おやじバンドも良かったですし、五月がスマホにハマり、料理の動画を載せるという新たな趣味もできました。

五月は今まで仕事以外に何の趣味もなかったのですが、店を引退したことでようやく趣味を見つけることができたようです。

今回は五月の娘の愛も優しくなって良かったです。

「おかくら」同様、『幸楽」も居心地の良い環境になってきたような気がしました。

今までにない居心地の良さを感じることができたところが、今回の見どころだと思いました。
(50代女性)

「渡る世間は鬼ばかり」の魅力といえばなんと言っても現実世界でも起こりうるであろう【リアルな物語】をみなさんが演じている所です。

嫁姑問題、遺産相続問題など.. 各家族間である問題を5人姉妹で協力しあっていく仲睦まじいところも心温まる魅力だと思います。
(30代女性)

最近は少なくなっているホームドラマです。

出演者みんなのセリフが、とても多いですが、わかりやすくて良いです。

本当に自分の周りで起こるような悩みが、沢山出てくるので、みんなこんなものかって、なんだかホッとしたような気持ちで楽しんで観ることができます。
(50代女性)

5人姉妹と、彼女たちに関わる周りの人々の様々な内情が事細かに描かれ、長く放映されても全く飽きることがなく、常に続きが気になります。

時代とともに登場人物たちの状況も様々に変わり、その行方も興味深いですね。

心に残るセリフの数々、それぞれの掛け合いが面白く、考えさせられることも多いです。
(50代女性)

出演者の長いセリフや抜群の演技力が特徴的なドラマで、一見どの家庭にもありそうな話に見えつつ誰が見ても引き込まれるようなストーリー性、家庭のあたたかさや出演者それぞれの人間らしい感情がとてもよく表れている作品です。
(30代女性)

感想

感想を見る

このドラマは出演者が話すセリフがどれも長いのが特徴的で、見ごたえがありました。

家庭内に起こる問題や家族との絆や嫁と姑の関係を第三者目線で観れるところがとてもおもしろくて、放送されている頃は毎週視聴していました。

長男の嫁として中華料理店に嫁いださつきに起こる様々なことをめぐり、嫁として母親としての立場やその心情、姑や家族に対する愛情や本音などを第三者目線で観れるところが良かったです。

一見あたたかい雰囲気のホームドラマのように見えても、実は内容が結構ドロドロとしている時もあったり出演者の印象が見ているうちに(例えば意地悪で嫌な性格をしていると思っている出演者がいたのに、ある回で良い一面を見たりするなどでなんだあんな嫌な感じだったのに案外いい人なんだなと思えるなど)段々と変わってくるのがおもしろいと思いました。

話がわかりやすく、平凡なようで家族間の問題やあらゆる物事に対するそれぞれの出演者が思う気持ちが長いセリフや光る演技力によって表れる素晴らしいドラマだと思います。
(30代女性)

2019年の3時間スペシャルでは、五月がスマホを始め、動画まで作るのが驚きでした。

五月は本当に働き者で、ゆっくりのんびりと過ごすなんてできないんですよね。

生きがいを見つけて、それがさらに広がりそうな勢いに大きなワクワク感が伝わりました。

年月を経て、久子と邦子がかなり丸くなったのは意外でしたね。

キミの言葉をあんなに素直に受け入れるなんて。

生前は五月に対し、かなり厳しかったキミですが、愛情もちゃんとあったんだなと感動です。

日向子はすっかり立派な料理人で、恋心も芽生えていたのが微笑ましいです。

結婚話もうまくいきそうですが、どうなるでしょうか。

文子と亨の関係はとても不思議ですが、ふたりの間には確かに愛がありますね。

どうも不穏な空気を残したのは眞と貴子の夫婦。

あんなに大恋愛で結婚したのに、なぜこうなってしまうのでしょうか。

眞の考えが少し偏りすぎなのでは。

もっと貴子に寄り添ってほしいですね。

貴子を手放したら必ず後悔すると思います。
(50代女性)

敬老の日の3時間スペシャルを観ました。

五月が幸楽から退いて、これからの自分の生き方、楽しみをどういう風に見つけていけば良いのか解らず、四苦八苦しているのを興味深く観ました。

自分も同じような年代なので、すごく気持ちがわかりました。

これからは、ゆっくりと自分の好きな事をして、楽しく気楽に生きていけば良いとは、簡単に言うものの、それって、結構難しい事です。

趣味もなんでも良いわけでもなく、好きなこと、興味のあることでないと、続けていく意欲や楽しみもありません。

五月が、今までスマホも持っていなかったのですが、世界が広がると聞いて、スマホを購入し、教えてもらいながら使いこなしていくうち、どんどん楽しくなっていき、自分が幸楽で長年培ってきた、料理作りを生かして、スマホで公開していく楽しみに出逢い、生き生きとしていくところが良かったです。

子供達も独立して、自分たちの世帯をもって、いつのまにか、親を必要としなくなっていく。

それで良いのですが、ずっと母をしてきたものにとっては、ポツンと寂しいものです。

子離れして、前を向いていくしかないですね。
みんな通っていく道なんだなあと、励まされました。
(50代女性)

個人的には、五月の家族の場面が好きです。

眞がまだ五月たちと一緒に住んでいる頃、よく五月と眞が言い合いをしていたのがなんともリアルで見ていて面白かったです。

五月の息子に対して干渉して言ってしまって眞がそれにうるさいなぁと思いつつも、反抗せず話し合っている所がとても印象的でした。

貴子さんと結婚するまでにあたっても五月が反対するのに対して、そして本当に結婚するまでって現実世界でも本当に大変なんだろうなと考えさせられました。

そのなんともリアルな五月と眞のやりとりの場面が見ていてすごく楽しくて面白かったです。

眞は無事に貴子さんと結婚し、しかし結婚すると貴子さんの親の介護などらまた新たな問題がでてきます。

眞は周りに何を言われようとも、愚痴などは言わずどうにかしてやっていこうと頑張ります。

眞の周りの人間模様がなんとも面白いです。

それに対して眞は困りながらも自分の気持ちもきちんと伝えていてらなんていい人なんだろう、と見ていて眞は偉いなぁと感心します。

やはり毎回小島家の場面が面白くて気になります。
(30代女性)

私は「渡る世間は鬼ばかり」を最初から観ています。

そのため、今年の9月に久しぶりにスペシャル版が放送されましたが、今回はほとんどストレスを感じないで観ることができました。

最初の頃は時代も違っていたので、今とは比較はできないものもあります。

特に幸楽での嫁姑や義妹との関係などが、今と比べるとかなりひどかったように思います。

その時代はそれが当たり前だったのかもしれませんが、時代が変わるにつれて、内容も柔らかくなってきていると思いました。

また視聴者も変わってきているので、あの時代のままでは時代錯誤になっていたと思います。

このドラマは家族の問題を毎回取り上げていますが、その中でもやはり、嫁姑のことが一番多かったように思います。

それ以外では子供の進路のことや、結婚問題など、次から次へと問題が起きていました。

5人姉妹の実家である、岡倉の両親はいつも娘たちのことを心配していました。

5人姉妹とも今までかなりいろいろなことがありました。

当時の嫁世代が今では姑世代になっているところも、長くこのドラマをやっていることを感じさせます。

自己顕示欲の強い人もいましたが、それぞれが年齢を重ね、いろいろな辛い経験をしてきたことで、性格が丸くなってきていると思いました。
(50代女性)

小学生の頃から、祖母と一緒に見ていました。

岡倉大吉、節子夫妻とその間に生まれた五人の娘を取り巻く人間模様が、とてもドロドロしていて見ごたえがあります。

特に岡倉夫妻の次女、五月の嫁ぎ先である中華料理店「幸楽」のシーンがいつもとても楽しみでした。

嫁である五月と、姑のキミが繰り出すいわゆる嫁・姑問題は「これぞ、渡鬼」と言っていいくらい鉄板だと思います。

それから、中華料理店での厨房の様子や忙しくお客の対応をする五月の様子がリアルで、華麗に中華鍋を振るっている門野卓三さんの演技を見ているだけでお腹がすくようで、とても楽しかったです。

余談かもしれませんが、五月と勇の長男、眞をはじめ、子役たちの成長具合も見られ「ああ、この子もうこんなに大きくなったんだ」

なんていう妙にババ臭い視点でも見られます。

他の姉妹たちもなかなかドロドロした環境の中にいるため、飽きることはありませんでした。

五女の長子が嫁いだ本間家の姑を演じる京歌子さんの演技も懐かしいです。
(30代女性)

とにかくセリフが長くて、登場人物の自己主張が激しい、今どき珍しいドラマだと思います。

大勢の登場人物の間を飛び交うセリフだけでお腹いっぱいなのに、ナレーションもくどくて長い!

にもかかわらず、観ているうちにクセになる、不思議なドラマです。

岡倉家の娘たちから派生した人間関係も、とめどもなく広がっていますが、幼い頃から出演しているえなりかずきさん等の成長を見守るという視点でも楽しめます。

また、人間のイヤな面がこれでもかと思うほど描かれているため観ていて胸やけがする一方、どんなにイヤな人間でも最後はなんとかして救いのある展開になるため、まるで「水戸黄門」を観ているような、そんなカタルシスを得られている気もします。

母親が好きだったので、私はよく一緒に観ていましたが、今の若者にはウケないと思う一方、シニアには非常に好まれそうな作品です。

いまだにテレビをよく見るシニア世代のためにも、時々スペシャルを放送してあげてほしいです。
(40代女性)

どこにでもありそうな、とある家族とそれを取り巻く親戚のの日常の話です。

誰しもが実際に経験したことのある内容が盛り込まれているのが、親近感も沸いて見守っていきたいと思わせるのかと思います。

それでいて皆さん丁寧な言葉遣いや所作が多くて見ていて綺麗なのも長年愛されてきた理由ではないでしょうか。

嫉妬、ねたみ、嫁姑問題などの家族間や親戚間でのダークな一面も取り上げる適度なハラハラ感も、飽きがなく見れる秘訣です。

長年続いている中で、その時代にあった内容が適宜取り上げられているのも面白いです。

当時小さかった子役の方々が立派な大人に成長していくのも、本当の家族のように見守っていきたいと願うおばちゃん心が芽生えて見てしまう理由です。

実際えなりかずきさんや吉村涼さんは同世代で、小さいころから見ているので不思議な感じがしますし、彼らが大人になってから演じられてる内容が他人ごとではなく、自分も子供のころと比べて違った考えや目線で見てしまうことに気付きました。
(30代女性)

「渡る世間は鬼ばかり」は、ちゃんと時代の流れが感じられるところが魅力的だなと思いました。

扱っている内容としてはサザエさんのようなものですが、サザエさんと違って、登場人物の成長とかがちゃんと反映されているのです。

例えば、えなりかずきさんが演じている眞に関しては昔は本当に子どもでしたけど、今では完全に大人になっています。

あとは赤木春江さんが亡くなったことで、ドラマの中でも赤木さんが演じていたキミについても亡くなっていますし、演者のリアルな人生模様がそのままドラマに反映されているということが言えるのです。

ストーリーに関しても、そういった部分をちゃんと考慮して練られているので、ドラマとは分かっていても渡る世間は鬼ばかりの世界というのは、現実に存在する状況を描いているような感覚になりますから、そこが面白いです。

こういう家族が実際にいるんじゃないか?という気になっていて、今後も続編が定期的に作られていく気がしますが、同じように出演者のリアルな状況がドラマに反映するというのは今後も行われていくのではないか?と思います。
(30代男性)

ドラマ渡る世間は鬼ばかりの私なりの感想といたしましては、やはりホームドラマなだけあって、家族の今の問題をきちんと捉えて表現しているようなところだと思います。

嫁姑問題や介護の問題、家族の入院の問題、仕事の問題などどの家族にも絶対に起こるような家族問題をきちんと捉えています。

また、特に、嫁姑問題の捉え方は秀逸です。

嫁姑問題の典型例を見ているかのようです。家族問題がリアルなので、私たち視聴者もドラマとリンクすることができるのでそこが魅力であり、面白い部分かなとは思いました。

また、演者さんもベテランばかりであり、すごい演技が観れるというのも魅力の1つです。

泉ピン子さんをはじめ、えなりかずきさん、赤木春恵さん、角野卓造さんなどそうそうたるメンバーがキャストとして登場されています。

そこも面白いです。また、伝統的な家族を描いていながら現代的な文化をちょこちょこドラマ内で挟んでいるところも面白かった点の1つでした。
(20代男性)

まとめ!ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズの動画はParaviで全シリーズ無料視聴しよう!

ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」は全シリーズ(第1~第4シリーズ)と過去のSP版がParaviで無料で視聴できます。

他サービスではここまで配信されていませんし、レンタル料がかかることが多いので、Paraviの利用をおすすめします。

Paravi(パラビ)のメリットまとめ

ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズをはじめ、配信中の多くの作品が見放題
国内ドラマ配信数が非常に多く、独占配信も多数
WOWOWドラマやスピンオフドラマも配信中
無料お試し期間が2週間あり、解約はいつでも可能
毎月500円分の優待チケットがもらえるので、有料コンテンツも楽しめる
ダウンロード機能があるので、オフラインでも楽しめる
再生速度の変更が可能

Paraviは2週間のお試し期間中に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単ですので、ぜひお試しください。

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

◆ドラマを無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)