映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】あらすじキャスト見どころ!異例の大ヒットを記録したアニメ―ション映画の長尺バージョン。

こうの史代原作の漫画を片渕須直監督が映画化して大ヒットした作品「この世界の片隅に」に新たなシーンを追加した長尺編が2019年12月20日に公開となります。

片渕須直監督他キャラクターの声を演じるキャストも前作からそのまま続投しています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする
映画「この世界の片隅に」の動画をフルで無料視聴する方法はこちら!監督・片渕須直による珠玉のアニメーション映画「この世界の片隅に」は、こうの史代先生の漫画が原作の長編アニメーション映画です。(2016年公開) ここでは、映画「この世界の...


スポンサーリンク


映画【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】作品概要

(C)2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

公開日(日本):2019年12月20日

原作:こうの史代

監督:片渕須直

脚本:片渕須直

作品概要

2016年公開の大ヒット映画「この世界の片隅に」に約30分の新たな場面を追加した長尺バージョンです。

戦時中の広島の呉市を舞台に、困難な生活の中工夫を凝らして必死に生きていた人々の生活を描きました。

前作のキャストが再度集結し、また本作に登場する新キャラクターの役として花澤香菜が初参加します。

予告動画

映画【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

舞台は昭和19年、日本が戦争の真っ只中にあったころ。

広島県の呉市に嫁いだすずは、夫の周作とその家族に囲まれて新しい生活を始めることとなる。

戦況は日々悪化し、生活は困難を極めていくが、すずは生活を工夫し困難をしのぎ、日々の生活を紡いでいく。

ある日、偶然迷い込んでしまった遊郭で遊女のリンと出会う。

置かれている境遇こそ異なるが、呉で出会った初めての同世代の女性とのことでリンと心を通わせていくすずだったが、その中で夫周作とリンのつながりに気づいてしまう。

その思いをそっと胸にしまい込むすずだったが・・・。

昭和20年3月。軍港があった呉は大規模な空襲に見舞われ、その後も度々空襲は続き、すずも大切なものを失ってしまう。

そして昭和20年の夏がやってくる。



スポンサーリンク


映画【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】作品解説

(C)2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

「この世界の片隅に」はこうの史代の同名漫画を原作とした長編アニメーション映画であり、2016年に公開されました。

公開当初は国内63館で上映でしたが、口コミやSNSで話題を呼んだため公開規模は徐々に拡大、最終的には累計400館を超え、連続上映日数は2019年11月12日についに3年を突破しました。

公開前の試写会の段階から一部の評論家やアーティストから「本年度ナンバー1」と高い評価を受けていたようで、公開初日には主要劇場で全回が満席、上映終了後拍手が沸き起こったといいます。

最終的に累計動員人数は210万人、興行収入は27億円を突破しミニシアター系映画としては異例の大ヒットを記録しています。

日本のみならず世界60か国で上映されており、アメリカ・メキシコ・イギリス他多くの国の専門家からも非常に高い評価を受けています。

また第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、第41回アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門審査員賞、等多くの賞を受賞したことでも知られています。

本作はその大ヒット映画を当初の絵コンテから見直し、時間にして約30分、250を超えるカットを追加した長尺バージョンとなっています。

主人公であるすずの人間的な面をより浮き彫りにする作品に仕上がっているといいます。

この長尺編は「この世界の片隅に」の興行収入が10億達成した際に製作されることが予め決まっていたそうです。

音楽も前作に引き続きコトリンゴが担当し、本作のための書き下ろしの新作も含まれているといいます。



スポンサーリンク


キャスト紹介

キャスト

北條すず(声:のん)…絵を描くことが大好きな女性。18歳で北條家に嫁ぐため呉にやってくる。

北條周作(声:細谷佳正)…すずの夫。海軍軍法会議所の書記官。

黒村径子(声:尾身美詞)…周作の姉。てきぱきと働く性格。

黒村晴美(声:稲葉菜月)…径子の娘。すずに懐く。

白木リン(声:岩井七世)…遊郭で働く遊女。すずと仲良くなる。

解説

主人公すずの声を担当するのはのんです。

2006年にモデルデビュー、CMなどに出演後、2010年映画「告白」で女優としてデビューしました。

その後テレビドラマなどで活躍しており、有名となったきっかけは2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のヒロイン役でしょう。

「この世界の片隅に」にて声優を初チャレンジしたとのことで、またこの映画をきっかけで呉に興味を持ったのん自身の提案により作品の舞台である広島・呉市の映画ゆかりの地を巡る写真集も発売されています。

周作の声を演じるのは映画の舞台と同じ広島県出身の声優細谷佳正です。

ナチュラルな芝居、表現力が持ち味の声優さんのようで、また広島出身でもあることから翻訳での広島弁のキャラクターにぴったりのキャストでもあります。

演じる周作はすずとの結婚前に思いを寄せた女性がいたとのことですが、物語にどう影響してくるのでしょうか。

この映画で大きな役割を果たす白木リンは女優・モデルとしても活躍している岩井七世が演じます。

1999年にデビュー、2001年から「天才てれびくんシリーズ」に出演していたことで中学時代はかなり忙しいスケジュールを送っていたようです。

2008年に一度芸能界を引退していますが、翌年に復帰、その後もWOWOWの「沈まぬ太陽」や2016年の映画「スリリングな日常」、舞台などで活躍しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

この映画のみどころは、前作を絵コンテ部分から見直し追加された250カットを超える新エピソードによって語られる登場人物の新しい人物像や知ることのできなかった側面を知ることができる点であると思います。

前作を観た人も前作で語られなかったエピソードを知ることで、様々な場面が持つ意味が変わったり、違う観方をすることができ鑑賞後には人物たちの新しい印象を得ることができるでしょう。

この映画は戦時時代の日本を舞台にした映画ではありますが、その時代を生き抜いた庶民の生活に寄り添われており、より親身にそして彼女たちが得た喪失感をよりリアルに感じることができる作品です。

前作を観ていない方、また戦争映画は暗く怖いイメージがあり苦手という方にも一度観ていただきたい映画となっています。

まとめ

以上が「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」のあらすじと見どころとなります。

1つの映画を2つのバージョンで鑑賞できるという非常に豪華で興味深い構成になっています。

是非、前作を観た方は本作も忘れずに、そして前作を観ていない方は両方の作品をあわせて鑑賞することをおすすめします。

現在も前作はテアトル新宿で上映中であり、またストリーミングサービスでも配信中のようなので是非チェックしてみてください。

この記事のURLをコピーする
映画「この世界の片隅に」の動画をフルで無料視聴する方法はこちら!監督・片渕須直による珠玉のアニメーション映画「この世界の片隅に」は、こうの史代先生の漫画が原作の長編アニメーション映画です。(2016年公開) ここでは、映画「この世界の...


スポンサーリンク